『イッテQ!』衝撃映像にお茶の間凍る…2021年に巻き起こった放送事故

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

毎日放送しているテレビには、思いがけないハプニングがつきもの。今回は、2021年に起こったテレビの放送事故をご紹介しよう。

1月31日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、お茶の間を凍らせる映像が流れ、視聴者が戦慄する一幕があった。

この回では、イモトアヤコが静岡県内の昆虫自然観察公園を訪問。館長は学芸員を呼び出し、ゴキブリを紹介した。同所はゴキブリで有名なところで、学芸員がコレクションしたゴキブリが多数いるという。

学芸員はイモトにゴキブリを次々と紹介し、音を鳴らすマダガスカルゴキブリ、敵から逃れるために丸くなるヒメマルゴキブリ、干し椎茸の匂いがするというブラベルスギガンテウスを見せていく。それに対し、イモトは抵抗なく片手にのせ、手でなでてみせた。

この放送に、視聴者からは

《ゴキブリのところだけ薄目で見ました》
《イッテQ軽く放送事故だろwwwwwwww》
《急にゴキブリ出てきて 食べてたご飯吐きそうになった…》
《無理なんだけどえ? イモトゴキブリ触ってるキモイ吐きそう》
《ご飯食べながらイッテQみてたら、ゴキブリ出てきて一瞬で家族全員目を逸らしてた》
《画面いっぱいにGが映って、僕の心のやらかい場所が今でもまだ大打撃受けてる きっと誰も悪くない》

などといった悲鳴があがった。

このほかにも、今年〝放送事故〟認定された番組はまだまだある。

思わぬハプニングにフォロー追いつかず?

3月24日放送の『Premium Music 2021』(日本テレビ系)に、大人気アイドルグループ『乃木坂46』が登場。番組内で流れた彼女たちの秘蔵VTRにモザイクが施されており、視聴者がザワついていた。

この日は「日テレ音楽番組ヒストリー」と題し、同局の音楽番組の歴史を振り返っていくことに。同コーナーには「乃木坂46」の齋藤飛鳥や秋元真夏らメンバーが登場し、彼女たちの「乃木坂46 PREMIUM HISTORY」というコーナーも設けられた。 そこで2011年に「乃木坂46」が誕生した時の映像が流れたが、メンバーたちが勢ぞろいするシーンで、何故か〝センターの女性〟にだけモザイクが。ほんのわずかな時間の映像ではあったものの、ネット上では、モザイク対象の人物に疑問の声があがっていた。

「モザイク女性の正体は、〝幻のセンター〟と言われている吉本彩香という元メンバーです。彼女はオーディション直後からセンターに選ばれていましたが、家族の反対を理由に突然の辞退。ファンの間では『乃木坂』最大の謎とまで言われており、当時は《家族に反対されたくらいで辞退するだろうか?》《運営に『このままじゃセンターおろすよ』って言われて、嫌になって辞めた気がする…》などとウワサされていました」(芸能ライター)

彼女がこの放送を見ていたら、どのような心境だったのだろうか。

続いては、2月1日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)での出来事。この日は、同局の元アナウンサーでタレントの高橋真麻がレギュラー出演。立憲民主党・蓮舫参議院議員の息子にして、〝2世タレント〟として活動している村田琳の話題を扱った。

村田は1月末、自身のYouTubeチャンネルで〝母親離れ〟を宣言。親の知名度によって認知されやすいメリットだけでなく、「親の看板に傷を付けられない」というデメリットについて、番組では議論を交わしたのだった。

真麻は「父・高橋英樹の名前を傷つけないように、いい子にいい子に…と生きてきて、何かを選択する時には必ず『どっちを選択したら親に迷惑がかからないかな』と、全部親の名前に傷が付かないように生きてきた」と告白し、村田の苦悩に理解を示した。

一見、いい話で終わったかのように見えたが、その後、パネルで村田の生い立ちを解説している最中に放送事故が起こってしまった。

なんと、カメラが出演者のリアクションを抜いていった瞬間、真麻が手を鼻の穴付近に当てていた映像が映し出されたのだ。 さらに、真麻は指を使ってかき出すような仕草をし始め、鼻をほじっている様子がオンエアされる事態に。

これには視聴者からも

《それは映しちゃダメだよ!》
《真麻が突然鼻をほじりだしてワロタw》
《本番中に何してんねん》

など、笑いや驚きの声が巻き起こっていた。

放送後、周囲から映っていたことを指摘されたのか、真麻はブログで《癖で、小鼻をつまんでしまうので、その前後の様子かと》と釈明。ほじっていたのではなく、あくまで癖でイジってしまっただけのようだ。

放送事故は、必ずしも悪いハプニングだけとは限らない。番組側のフォローが追い付かないこともあるだろうが、こうしたハプニングも、番組を盛り上げる要素の1つだろう。