五月人形やこいのぼりなど端午の節句にちなんだもの30点以上を展示 高松市

©株式会社瀬戸内海放送

よろいかぶとを身につけた五月人形。高松市の「四国村」では、高松市指定有形文化財の農村歌舞伎舞台の上に五月人形やこいのぼりなど、端午の節句にちなんだものを30点以上展示しています。

2020年のゴールデンウィークは新型コロナ拡大の影響で四国村は休業していましたが、今年は感染対策をした上で営業を続けています。

「端午の節句飾り」の展示は5月9日までです。