井上尚弥、次戦は6月19日

ラスベガスで

©一般社団法人共同通信社

2020年10月、WBA、IBFバンタム級タイトルマッチで、ジェーソン・モロニーにKO勝ちし、防衛に成功した井上尚弥=米ラスベガス(トップランク社提供、ゲッティ=共同)

 米興行大手トップランク社は5日、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が6月19日に米ネバダ州ラスベガスでIBF同級1位のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)と対戦すると発表した。2戦連続でラスベガスでの防衛戦となる。観客を入れて開催予定。

 井上尚は20戦全勝(17KO)、ダスマリナスは33戦30勝(20KO)2敗1分け。

 6月26日にラスベガスで元東洋太平洋ライト級王者の中谷正義(帝拳)と元世界3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が同級12回戦で闘うことも発表された。(共同)