えほん箱プロジェクト第1弾 ご紹介(37~43)

©株式会社トランタンネットワーク新聞社

えほん箱プロジェクトわくわくどきどき絵本の世界へようこそほんわか絵本に楽しい絵本ふしぎな話にこわーい話…お母さんたちが選んだおすすめの絵本たちです

今回は2021年2月号紙面に登場した37~43の5冊を紹介します。

㊲『すてきな三にんぐみ』
作:トミー・アンゲラー
訳:今江祥智
偕成社/ 1320 円

黒マントに黒帽子の三人組は大泥
棒。おおまさかりを使い宝を奪う毎日。
ところが少女と出会い、すっかり変
わっていきます。シンプルな色使いの
迫力満点な絵を、子どもはじっくりと
眺めます。物語もわかりやすく、意外
な展開にどんどん引き込まれていきま
す。最初はドキドキ、最後はホッ。(青島)

㊳『もうちょっと もうちょっと』
文:きむらゆういち
絵:高畠純
福音館書店/ 1320 円

穴に入ってしまったりんごを食べた
いコブタ。取ろうとしたら、あるある
こんなこと。他の動物たちがそれぞれ
の体の特徴を生かした得意技で助けよ
うとするけれど、なかなかうまくいき
ません。りんごは食べられるのでしょ
うか。最後のオチは子どもにもわかり
やすく、楽しめました。 (戸﨑)

㊴『まって』
作:アントワネット・ポーティス
訳:椎名かおる
あすなろ書房/ 1430 円

いつもの忙しい朝、お母さんは日々
の暮らしに追われ、目的地に向かうこ
とで精いっぱい。だけど子どもはどこ
を見ても新しい発見があり、興味の向
く先がなんとも微笑ましい。読み進め
るにつれ思わず顔が緩みます。ぜひ親
子で。最後に見える素敵な景色を、感
じるままに声に出して楽しんで。(内藤)

㊵『ガンピーさんのふなあそび』
作:ジョン・バーニンガム
訳:みつよしなつや
ほるぷ出版/ 1540 円

ガンピーさんは、ある日船で出かけ
ます。「一緒につれてって」と子ども
たち。「いいとも。けんかさえしなけ
りゃね」。そして次々に「乗せて」と
やってくる動物たち。ガンピーさんは
みんなを乗せてあげますが、そのうち
船の上は大騒ぎに。やさしい色合いの
絵で心が穏やかになれます。 (谷)

㊶『うみのダンゴムシ・やまのダンゴムシ
増補版』
写真・文:皆越ようせい
岩崎書店/ 1760 円

大人には敬遠されがちなダンゴムシ
ですが、子どもたちは大好き! ポケッ
トに入っていたりしませんか? 実は海
にもいるんですって。よく見るといろ
んな色があって宝石みたいにキレイ。
身近にいる小さな生き物にもさまざま
な生態と命がある。懸命に生きている
姿を、お子さんとご一緒に。 (加川)

㊷『おかあさんはね』
文:エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵:トム・リヒテンヘルド
訳:高橋久美子 マイクロマガジン社
1650 円

「おかあさんはね」で始まるフレー
ズに、そのまま感情移入、胸が熱くな
る。しかし、それだけではなかった!
自分の母もこんな気持ちだったのかと
母を想い、そのうち子どもの頃に戻っ
たように、幼い自分にも読み聞かせて
いて涙が。何度も繰り返し、心の奥ま
で刻みたくなりました。 (藤尾)

㊸『しりとりしましょ!
たべものあいうえお』
作:さいとうしのぶ
リーブル/ 1980 円

「しりとりバス」のバス停を出発し
「あ」から「ぽ」まで67 音。「ん」が
ついたらしりとり番犬が登場。美味し
そうなかわいい食べ物が列をなし 場
面もどんどん変わるので、歌いながら
親子やお友だちと楽しめます。字を覚
えるきっかけにもなり、コミュニケー
ションもどんどん広がります。( 倉島)

The post

えほん箱プロジェクト第1弾 ご紹介(37~43)

first appeared on

お母さん大学

.