「ASUS ZenBook Duo 14」を試す - 2画面PC環境を常時携帯するための最高の一台

©株式会社マイナビ

●あの2画面ノートPCが更に使いやすくなった新モデル

ASUS JAPANは2画面ノートPC「ASUS ZenBook Duo 14」を4月21日に発表、同日より順次販売を開始しました。2021年モデル最大の進化点はキーボード面に設置されたサブディスプレイにチルト機構が採用されたこと。これによりメインディスプレイとの明るさの差が軽減されています。またThunderbolt 4端子を採用し、サードパーティー製USB Power Delivery対応充電器で充電可能となりました。タッチパッドが右側に配置されている点はやや変則的ですが、2画面ノートPCとしてグンと完成度が上がっています。

最上位からMS Officeを抜いたモデルも販売してほしい!

ZenBook Duo 14には下記の3モデルが用意されています。

  • UX482EG-KA143TS(直販価格239,800円)
    Core i7-1165G7/RAM16GB/SSD1TB/GeForce MX450/MS Office
  • UX482EG-KA146T(直販価格179,800円)
    Core i5-1135G7/RAM16GB/SSD512GB/GeForce MX450/WPS Office
  • UX482EA-HY1147(直販価格159,800円)
    Core i5-1135G7/RAM16GB/SSD512GB/ WPS Office

つまり、CPUのグレード、ストレージ容量、ディスクリートGPUの有無、Officeの種類が異なるわけです。ちなみに今回は最上位の「UX482EG-KA143TS」を借用しています。個人的には「Microsoft 365」を契約しているので、「UX482EG-KA143TS」からMS Officeを抜いたモデルも用意してほしいところ。MS Officeは筆者にとってなくてはならないものですが、余分にはいらないのです。

さて、これ以外のスペックは基本的に共通。ディスプレイは、メインに14型フルHD(1920×1080ドット、157ppi、ノングレア、400cd/平方m、sRGBカバー率100%、60Hz、タッチ対応、スタイラス対応)、サブに12.6型フルHD(1920×515ドット、158ppi、ノングレア、60Hz、タッチ対応、スタイラス対応)を採用。

通信機能はIEEE 802.11 ax/ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 5.1をサポート。インターフェイスはThunderbolt 4×2、USB Type-A 3.2 Gen1×1、HDMI 1.4×1、microSDメモリーカードスロット×1、3.5mmコンボジャック×1を搭載。ディスプレイ上部にはIR&92万画素カメラを搭載しています。

本体サイズは約324×222×16.9~17.3mm、重量は約1.6kg。前モデルの厚みが20.4mm、重量が約1.66kgだったので、サブディスプレイのチルト機構を内蔵したにもかかわらず、薄型化、軽量化を実現しているわけです。薄型化はボディを持っただけで体感できるレベルですよ。

バッテリー容量は「Battery repot」コマンドで確認したところ、設計容量が70,001mWh、フル充電容量が71,246mWhと表示されました。バッテリー駆動時間はGeForce MX450搭載モデルが約10.8時間、非搭載モデルが約11.1時間と謳われているので、従来モデルの13.9~14.3時間より少し短くなっていますね。とは言えUSB Power Deliveryに対応して充電環境が改善されたので、実際に困ることは少ないと思われます。

チルト機構採用によりサブディスプレイの視認性は着実に向上

さて、チルト機構が採用されたサブディスプレイ「ScreenPad Plus」ですが、従来モデルより視認性が向上したのは間違いありません。キーボード面に対してチルトする角度自体は7度ですが、特にダークモードでは明るさの差はほとんど気になりません。

しかし地を白くすると、見た目の明るさの差がハッキリとわかります。チルト機構により実用上問題ない視認性が確保されていますが、どうしても明るさの差が気になるのならブラウザーやアプリでもダークモードを使用するか、サブディスプレイに合わせてメインディスプレイの輝度を少し落とすとよいでしょう。

2画面を使いこなすためのソフトウェアも進化。タイトルバーを掴んでスライドすると表示される「アクションメニュー」に、別ウインドーに移動させる「アプリスイッチャー」、メインとサブをまたがって全画面表示する「ビューマックス」に加えて、サブに表示する際に4つのレイアウトを選択できる機能が追加されました。ソフトウェアだけで実装できる便利機能なので、ぜひ従来モデルにもソフトウェアアップデートで提供してほしいですね。

87キー日本語キーボードのキーピッチは実測17.5mm前後、キーストロークは実測1.45mm前後。14型マシンでキーボード横にタッチパッドを配置しているのでキーピッチが狭くなるのは仕方がないですね。正直、窮屈感はあります。タッチパッドではなくポインティングスティックを採用し、X方向だけでもキーピッチを広げてほしいなと、個人的には希望しています。

メイン、サブともタッチ操作、スタイラス操作に対応している点は使い勝手がよいです。キーボードをロックすれば、サブディスプレイでもしっかりと手を預けてイラストなども描けます。気になった点は、別売の「ASUS Pen SA201H」の書き味がかなり硬めなこと。筆者のように軟らかいペン先が好みの方は、互換性を持つ他メーカー製スタイラスペンを組み合わせることをお勧めします。

●性能面も着実に進化、バッテリー駆動時間とのバランスが良好

Core i7-1165G7の能力を最大限に発揮

最後にパフォーマンスをチェックしてみましょう。今回は総合ベンチマーク「PCMark 10 v2.1.2506」、3Dベンチマーク「3DMark v2.16.7117」、CPUベンチマーク「CINEBENCH R23.200」、3Dゲームベンチマーク「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒の反逆者 ベンチマーク」、ストレージベンチマーク「CrystalDiskMark 8.0.1」を実施しました。

まずCINEBENCH R23.200では、CPU(Multi Core)で6131 pts、CPU(Single Core)で1506 ptsを記録しています。「ASUSインテリジェントパフォーマンステクノロジー」では最大40%のCPUパフォーマンスの向上が謳われていますが、Core i7-1165G7の能力を最大限に引き出せているようです。

一方、3DMarkはTime Spyで2211、Fire Strikeで4707に留まっています。内蔵GPUの「Intel Iris Xe Graphics」の性能が向上しているので、コスパ的を重視するなら「GeForce MX450」非搭載機を選ぶのもありですね。

CrystalDiskMark 8.0.1は、シーケンシャルリード(1M Q8T1)で1880.478 MB/s、シーケンシャルライト(1M Q8T1)で1738.752 MB/sに留まっています。3000MB/s超えのマシンと比べるとやや物足りませんが、実用上は問題ないでしょう。

PCMark 10 Modern Office Battery Lifeはディスプレイ輝度40%、「ASUSインテリジェントパフォーマンステクノロジー」を「バランスモード」に設定したら、9時間38分動作しました。このままでも十分モバイル用途に活用できるバッテリー駆動時間ですし、いざというときはどちらかのディスプレイを無効にすれば、電力消費量を減らせますよ。

デュアルディスプレイ環境をつねに携帯するための最高の一台

有機ELディスプレイを搭載し、CPUに「Core i7-10870H」、ディスクリートGPUに「GeForce RTX 3070」を採用した上位モデル「ASUS ZenBook Pro Duo 15 OLED UX582LR」が存在しますが、携帯性、バッテリー駆動時間などのモバイル性能は本製品のほうが優れています。デュアルディスプレイ環境をつねに携帯したい方にとって、前モデルの弱点を着実に克服してきた「ASUS ZenBook Duo 14」は現時点で最高の一台と言えます。