兵庫での変異ウイルス感染9割超に 4月の抽出検査で判明

©株式会社ラジオ関西

兵庫県と神戸市は6日、4月19日~25日までの1週間に発生した新規感染者3,498人の約24%の検体を調べたところ、変異ウイルスへの感染が91%にのぼったと公表した。県や神戸市が発表した変異株患者の総数は3,229人(うち県1,285人、市1,944人・いずれも6日現在)となった。

兵庫県と神戸市は6日、直近1週間の県内の変異株の感染状況を発表。新規感染者(神戸市除く)の12.3%を検査したところ、過去最高の95パーセントが変異ウイルスに感染していた

特に神戸市を除いた他の市町では、新規感染者の12.3%にあたる258件を検査したところ、過去最高の95%が変異ウイルスに感染していたことを確認した。いずれも大半がイギリス型変異ウイルスだったという。兵庫県など関西圏では、「従来型ウイルス」から変異ウイルスへ大幅に移行している格好だ。

この記事はいかがでしたか?