電動のこぎりで自分の太もも切り男性死亡 庭木の手入れ中に事故 

© 株式会社京都新聞社

大津北署

 6日午後3時10分ごろ、大津市北小松で、近くの無職の男性(78)が民家の庭木を電動丸のこぎりで切断中に、自分の太ももを誤って切り、搬送先の病院で死亡した。

 滋賀県警大津北署によると、男性は、妻らと3人で知人の別荘の庭を手入れしていたという。

この記事はいかがでしたか?