春季関東高校野球茨城県大会 常総学院、3年ぶり優勝

©株式会社茨城新聞社

常磐大高-常総学院 1回裏常総学院2死一、二塁から相手内野の敵失の間に二走・田辺がホームイン=ジェイコム土浦

第73回春季関東高校野球茨城県大会最終日は6日、ジェイコム土浦で決勝が行われ、常総学院が18-6で常磐大高を下し、3年ぶり15度目の優勝を飾った。

初回に8点を先行した常総学院が打撃戦を制した。

茨城県1位の常総学院の関東大会は3年ぶり21度目、常磐大高は初出場。6日に関東各都県の出場校が出そろった。組み合わせは県勢はともに2回戦から登場し、常総学院は16日に東農大二(群馬2位)、常磐大高は15日に関東学園大付(同1位)とぶつかる。

◇ジェイコム土浦
▽決勝
常磐大高 040000002│6
常総学院 82004013×│18

(磐)花枝、篠崎、田中舶、高野、田中元-清水
(総)秋本、石川、中林-田辺

▽本塁打 三輪(総)
▽三塁打 中村(総)
▽二塁打 高橋、中崎、清水、佐藤、大和(磐)、田辺(総)
▽暴投 高野(磐)、石川(総)
▽捕逸 清水(磐)
▽試合時間2時間46分
▽審判 小関、坂本武、小峰、根本和