千鳥、石橋貴明との共演に歓喜!「俺は今、フジテレビのスタジオで、この人と会ってるんや」(大悟)、「夢がかないました」(ノブ)

©株式会社フジテレビジョン

5月9日(日)19時~『#お笑いオムニバスGP』で、#千鳥 が #石橋貴明 さんとの共演に「夢がかないました」💖✨「斜め前に #タカさん がおるっていうのが、信じられへんかった」と大悟さん😆🙌
#川島明 #白石麻衣 #2億4千万のものまねメドレー

5月9日(日)19時より、フジテレビでは『お笑いオムニバスGP(グランプリ)』が放送される。

『お笑いオムニバスGP』とは、お笑いのあらゆるジャンルのNo.1を決める大会をオムニバス形式で見せる、新たな総合バラエティ。

第1弾となる今回は、総勢46組の芸人が一堂に会し、コント、漫才、ギャグ、一発芸など、ジャンルを問わずさまざまなネタを続々と披露する「バク速-1GP」、カンニング竹山、長谷川忍(シソンヌ)、昴生(ミキ)、おいでやす小田の4人が数日間にわたり次々にドッキリを仕掛けられ、“いかに的確で、いかに面白いツッコミを繰り出すことができるか?”を競い合う「ドッキリツッコミGP」、そして『とんねるずのみなさんのおかげでした』で人気を博したものまね企画のアップデート版「2億4千万のものまねメドレーGP」の3大企画を放送。

総合MCを、川島明(麒麟)と白石麻衣が務めるほか、「クセバラWEEK」のキャンペーンキャラクターも務める千鳥の大悟&ノブが“お笑い見届け人”として参戦する。

左から)大悟(千鳥)、ノブ(千鳥)、川島明(麒麟)、白石麻衣

「2億4千万のものまねメドレーGP」の収録後には、審査委員長の石橋貴明を囲んで記念撮影も行われ、すべての収録を終えた川島、白石、大悟、ノブの4人が、コメントを発表した。

<川島明&白石麻衣&千鳥 コメント>

――収録を終えた感想を聞かせてください。

川島:いやもう、収録中はホンマに笑ってただけ、というか。MCとして参加させてもらうということで、もちろん緊張はしてたんですけども、いざ始まってみたら、ずーっとノドチンコ揺れてただけでしたね(笑)。

白石:私も、ここ最近で一番笑いました(笑)。本当に、心の底から楽しませていただきました。

大悟:僕も完全に、ただただ楽しんでましたね。番組の進行も川島さんが全部やってくれますし(笑)、自分はもう、家でテレビを見てる感覚で、ずっと笑ってました。

ノブ:そうですね~。3本の企画が、どれもホンマに面白いんですよ。

川島:今回はどの企画も、僕らが子どものときに見てたお笑い番組を思い出させてくれたような気がするんですよね。自分の本来の笑い方を思い出したというか。まったく混じりっ気のない純粋なお笑いを、しかも生で見ることができて、うれしかったです。

――3つの企画それぞれの見どころを教えてください。まず、「バク速-1GP」について。

川島:短いネタを連続で見せていく番組というのは、今までにもありましたけど、中には“やり逃げ”といいますか、お客さんが「なんだコレ?」ってなってる間に逃げるっていうパターンも多かったと思うんですね(笑)。でも、この「バク速-1」は、短時間の中で、良質なコントや漫才を見せてくれた芸人さんもたくさんいて。短い尺なのに、これだけ質の高いネタが見られる番組は、意外と初めてなんじゃないかと思いますね。あと、今回の「バク速-1」に関していうと、チョコプラ(チョコレートプラネット)に助けてもらった部分が、かなり大きいです。

ノブ:ハハハ(笑)。でも、初めて見た芸人さんも大勢いましたけど、みなさん面白かったですよ。

白石:本当に大勢の芸人さんが出てこられて、一言だけのギャグもあれば、物語を感じさせるようなコントもあって。いろいろな形の笑いが生まれているので、たくさんの方に見てほしいなと思います。

川島:僕、横で見てたんですけど、白石さん、チョコプラのネタで、白目むくほど笑ってて(笑)。完全にハマってましたよね?

白石:はい、楽しませてもらいました(笑)!視聴者の方も、思わずハマってしまうネタが絶対にあるると思います。

川島:ただ、トータルテンボスさんは、果たして放送されるのかどうか…。

ノブ:あっ、トータルテンボスさんのオンエアはないんじゃないですか(笑)?今どき、ああいうネタで笑わせるっていうのはね、コンプライアンス的にいかがなものかっていう…。

大悟:う~ん、あれは引っかかるやろな(笑)。

川島:…というわけで、Twitterのみでの公開になるかもわからないです(笑)。

――「ドッキリツッコミGP」の見どころは?

ノブ:これは、ツッコミ芸人としては相当シビレる企画ですよね。本当に腕を試されますから。しかも素晴らしいのは、今回、ふざける人が1人もいなかったんですよ。こういう企画って、1人だけツッコミが苦手な芸人を入れてみたりとか、あえてそういう演出をすることもあると思うんですけど、今回はガチンコで、ツッコミのうまいメンバーばかりを集めてるんで。特に(カンニング)竹山さんなんか、最年少の昴生とは、芸歴が20年近く離れてるにもかかわらず、同じ土俵で勝負してくれて、ホンマにさすがやなと。非常に面白かったですね。でもそれだけに、今後、自分がエントリーするのは絶対にイヤですけど(笑)。

――「2億4千万のものまねメドレーGP」の見どころは?

白石:私にとっては、昔からテレビで見ていたコーナーなので、今回実際に生で拝見することができて、大笑いしながらも感動してしまいました。

大悟:ものまね自体、当然みなさん面白いし、ネタの作り方や運び方も最高でしたけど、自分的には、本番の収録中ずっと、斜め前にタカさん(石橋貴明)がおるっていうのが、信じられへんかったというか…。

ノブ:そうやな。実は僕ら、『(とんねるずの)みなさんのおかげでした』には、一回も出られなかったんですよ、結局。

大悟:そうなんです。だから、「俺は今、フジテレビのスタジオで、この人と会ってるんや」っていう…とうとう夢がかなったような感じで、なんかソワソワしてる自分がいましたね(笑)。

ノブ:まさに夢がかないましたね。うれしかったです。あと、セットの豪華さにも驚きました。あんなすごいミラーボール、フジテレビにありましたっけ(笑)?われわれがやってる番組とはえらい違いですよ。『クセスゴ(千鳥のクセがスゴいネタGP)』なんか、毎回書き割り(※)1枚でやってますからね(笑)」。

(※)書き割り…背景画の大道具のこと。紙や布に絵を描き、木で作った枠に張りつけて使用。

大悟:ホンマやな、とても同じフジテレビとは思われへん(笑)。そういう意味でも、すごい時間を過ごさせてもらいました。

<出演者紹介>

「バク速-1GP」

出場者:チョコレートプラネット、マヂカルラブリー、おいでやす小田、ゆりやんレトリィバァ、ハリウッドザコシショウ、3時のヒロイン、アルコ&ピース、カミナリ、空気階段、錦鯉、蛙亭、丸山礼、ZAZY、東京ホテイソン、インディアンス、パーパー、ゾフィー、ランジャタイ、ヒコロヒー、岡野陽一、ライス、ネルソンズ、ジェラードン、GAG、アキナ、ニッポンの社長、クロスバー直撃、大自然、パニーニ、ユースケ(ダイアン)、岩橋良昌(プラス・マイナス)、アキラ100%、AMEMIYA、タイムマシーン3号、わらふぢなるお、トンツカタン、怪奇!YesどんぐりRPG、お見送り芸人しんいち、アイクぬわら(超新塾)、河邑ミク&森本サイダー、佐久間一行、トータルテンボス、レギュラー、なたぎ武、原西孝幸(FUJIWARA)、島田珠代

「ドッキリツッコミGP」

出場者:カンニング竹山、長谷川 忍(シソンヌ)、昴生(ミキ)、おいでやす小田

「2億4千万のものまねメドレーGP」

出場者:神奈月、原口あきまさ、山本高広、ミラクルひかる、Mr.シャチホコ、エハラマサヒロ、こにわ、ゆうぞう、モリタク!&河口こうへい、河合郁人(A.B.C-Z)