登山者癒やす自然の“愛” 桑折・半田沼

©株式会社福島民報社

周囲の緑に映えるハート形の半田沼

 桑折町の半田山(八六三メートル)の山頂付近からハート形をした半田沼が望める季節となり、登山者の目を楽しませている。

 半田沼は山の中腹にあり、周囲約一・一キロ。雪解け水をたたえる春から初夏にかけてハート形が鮮明に見えるため、近年、「ハートレイク」としてこの時期の眺望に人気が高まっている。遠くには阿武隈川、霊山の山並みも見える。