子供がいてテレワークは気が散る?全集中できるおすすめ対策アイテムをピックアップ!

©マキノ出版

子供がいてもいなくてもテレワークに集中できる環境を作りたい。そんな方におすすめのテレワーク集中力アップアイテムを5つ、ご紹介します。テレワークが一般化してきましたが、子供がいる環境や家での作業ではオフィスにいたころのように集中ができない、という方も多いのではないでしょうか。テレワークで集中をするにはグッズの力が有効です。そこでこの記事ではテレワークでの作業効率アップにおすすめのアイテムを5つご紹介します。

子供がいてテレワークに集中=不可能

コロナ感染拡大防止のため、テレワーク化が一般的になってきました。「家で仕事ができるなら通勤時間も削減できる!」と喜んだのもつかの間。

子供がいる環境では仕事に集中なんて到底ムリなことに、気づき始めた方も多いのではないでしょうか。

「ママ!ママ!」と仕事に集中をしているときに話しかけられるのは当たり前。

兄弟げんかが始まれば仲裁に入り、散らかし放題の部屋にイライラさせられ、戸棚の食べ物を勝手に漁る始末……。

改めてわが子のしつけを見なさなくてはならない、と自分を責めることも多々あるかと思います。

しかし、どんな素晴らしいしつけをしている家でも、幼い子供がいる環境でテレワークに全集中は難しいのではないでしょうか。

そもそも自宅では集中できない……

そもそも子供がいないご家庭でも、テレワークは集中力が続きにくいものです。

家でひとりでは集中力が続かず、オフィスにいたころより作業効率が落ちてしまった、という方も少なくはないでしょう。

子供がいてもOK!テレワークに集中できるアイテム5選

自分の集中力を強化するトレーニングは、テレワークにおいてとても大切です。

しかし集中力トレーニングはダイエットや筋トレと違い、効果の有無がはっきりわからないもの。そのため集中力トレーニングに集中することがそもそも難しく、長続きもしにくいです。

それなら、グッズの力を借りて集中力がアップする環境から作ってみましょう。

1. YouTube Kids

子供の遊んで攻撃、話しかけ対策に有効なのが動画です。

「子供が見ても安全」と認めた動画しか、掲載されていません。

動画を見ている間は子供も画面に集中しているためおとなしくしてくれる、という家庭も多いのではないでしょうか。

しかしYouTubeに子守をさせるのは多少抵抗があるし、変な動画に行き着いてしまわないか不安になりますよね。

そこでおすすめしたいのが、「YouTube Kids」です。

YouTube KidsはYouTubeの公式アプリで、YouTubeが「子供が見ても安全」と認めた動画しか、掲載されていません。

関連動画から見させたくないような動画に飛んでしまう危険性もないため、子供に安心して動画視聴をさせられます。

「そもそも動画に子守をさせたくない」という多くの親が持つ気持ちを、筆者の私も持っていました。

しかし子供の遊びに付き合ってあげる時間もなく、かといって子供に一人遊びを強要することも出来ず、お互いにストレスになっていたのも事実です。

テレワーク中は割り切り「動画視聴中に仕事を進めてはやめに切り上げたら、それからたくさん構ってあげよう!」というふうに気持ちを切り替え、そのうえで安全に動画視聴ができるように工夫をすることが、今はお互いのために良いと感じています。

YouTube Kidsに関しては、 詳しい内容の記事 があるので、興味のある方は参考にしてください。

[【YouTube Kids(キッズ)とは】設定やブロック・解除の方法 子供が楽しく安全に動画体験ができるアプリ - 特選街web]

2. ドア侵入ガード

「子供がいる環境でビデオ会議なんてムリ!」というお母さん・お父さんを助けてくれるのが、ドア侵入ガードです。

Door Monkey(ドアモンキー) 『ドアロック&ピンチガード』 www.amazon.co.jp

こちらは、Amazonでも人気のドア侵入ガード「Door Monkey(ドアモンキー) ドアロック&ピンチガード」です。

ドアに引っかけることで、子供の力ではドアを完全に開けきることができず、部屋に入ってくるのを防げます。

わずかに隙間が空き完全にシャットアウトすることはありませんが、子供にとって親の姿は見えなくても声が聞こえるため、安心できるでしょう。

ただし対応できる扉の厚さは3.5cmまで。

それ以上の厚みの扉では機能しないため注意してください。

3. ぼっちテント

家が、子供と別室でいられる広さではない場合、バウヒュッテ(Bauhutte) の「ぼっちテント」が活躍します。

Bauhutte(バウヒュッテ) 『デスク用テント ぼっちてんと BBT1-130-BK』 www.amazon.co.jp

ぼっちテントとは130センチ角のミニテントです。

高さがあるためパソコンやデスク、チェアーを持ち込んで中で仕事が可能。

子供たちのいる空間から孤立できるため、個室化が実現します。

価格も1万円以内、ポップアップ式で組み立てもラクだし使用しないときはコンパクトにしまっておける優れもの。

問題点をあげるとすれば、夏場はテント内が暑くなってしまうことです。

小型ファンで体感温度を下げたり屋根部分を開いたりして、プライバシーを守りながら暑さ対策をしましょう。

4. シリコン耳栓

イヤホンやヘッドフォンも良いですが、外部の音を遮断するにはやっぱり耳栓が便利です。

Macks Pillow(マックスピロー) 『Soft シリコン耳栓 #7 透明 6ペア×2セット』 www.amazon.co.jp

さまざまな耳栓を試してきた耳栓ジプシーの筆者がおすすめするのは、Macks Pillow(マックスピロー) の「ソフトシリコン耳栓」です。

耳の中がかゆくならず、それでいて遮音性も高評価。子供のキンキン声はわずかに聞こえるものの、耳栓越しだとそこまで響かないため、イライラせずにいられます。

12個6ペア入りですが、日本人の耳のサイズにはやや大きい場合が多いです。

155cmの私で、1個を2つにちぎって使用するのがちょうど良い感じです。

実質12個ペアとして使用でき送料込みで700円程度。お手頃価格なのも魅力のひとつです。

5.スタンディングデスク用の棚

オフィスでもそうですが、ずっと座りっぱなしの体勢は体に負担がかかります。

わが家のちょうど良い高さのチェストです

スタンディングデスクを取り入れたいところですが、通常のデスクとは別に置くようなスペースはない、という家庭も多いのではないでしょうか。

かといってスタンディングデスクを日常使いのデスクとするのは、ちょっと疲れる……。

そこでわが家では、ちょうど良い高さのチェストをスタンディングデスク代わりにしています。

1時間座り仕事をしたら、次の1時間はチェストにノートパソコンを持って移動。

デュアルディスプレイが必要な作業はできませんが、文字を打ち込むだけの簡単な作業や1画面でこなせる作業は、チェストで行っています。

これなら新たなスタンディングデスク用のお金もスペースも、必要ありません。

チェストでなくても、家の中を見渡すとちょうど良い高さと大きさのものがあれば代用可能です。

座りっぱなしは体にもよくないため、時間で区切って立ち仕事に切り替えるのをおすすめします。

まとめ

テレワークで完璧に集中するのは難しいかもしれません。しかし工夫次第で作業効率を上げつつ子供も親もストレスを軽減させることができます。集中できない自分や環境を責めるのではなく、グッズに頼って仕事の作業効率向上を目指してみてください。