4都府県の宣言延長、今夕決定

愛知・福岡も追加、月末まで

©一般社団法人共同通信社

新型コロナの基本的対処方針分科会=7日午前、東京・永田町

 政府は7日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を官邸で開き、東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に発令している新型コロナウイルス緊急事態宣言の延長を決める。11日の期限を31日までとする方針。感染が拡大している愛知、福岡2県を追加し、12日から適用する。百貨店など大型商業施設に対する休業要請は見直し、午後8時までの時短営業を求める。7県に発令中のまん延防止等重点措置は、北海道、岐阜、三重の3道県を9日から加え、宮城県は12日以降除外する。

 菅義偉首相が午後5時からの政府対策本部会合で正式に表明し、7時から記者会見に臨む。