【MLB】大谷翔平、メジャートップタイ10号2ラン! 日本人最速2桁弾、5月到達は松井秀喜超え

© 株式会社Creative2

今季第10号を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

2桁アーチ到達は自身の日本人最速を更新する打者28試合、116打席

■エンゼルス ー レイズ(日本時間7日・アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。この日は2試合ぶりの一発となるメジャートップタイの10号2ランを放つなど4打数2安打2打点の活躍で打率は.273に上昇した。チームは3-8の逆転負けで5連敗となった。

大谷は初回1死走者なしで迎えた第1打席は右腕マクヒューの変化球に空振り三振に倒れた。それでも3回2死二塁で迎えた第2打席では左腕フレミングと対戦。打者として2試合ぶりの一発となる10号本塁打を放った。右中間へ飛び込む特大の一発でレッドソックスのJD・マルティネスらに並びメジャートップタイとなった。

打った瞬間に確信した一発は右中間最深部に飛び込む428フィート(約130メートル)の特大弾だった。

試合前には球団がメジャー歴代5位の通算667本塁打、歴代2位の2112打点など数々の功績を残しているアルバート・プホルス内野手が戦力外になったことを発表。ミナシアンGM、マドン監督らが試合前に会見を行うなど衝撃の1日がスタートしていた。

これまでシーズン10号の日本人最速は2019年に自身が記録した44試合、180打席目だったが、今季は打者28試合、116打席で到達。試合数、打席数ともに更新した。到達日の日本人最速は2004年松井秀喜(ヤンキース)の6月4日だった。5月までの10号到達は日本人初めてだ。

6回の第3打席は空振り三振、第4打席は一塁ベースを直撃する二塁内野安打を放ち今季9度目のマルチ安打をマークした。4打数2安打2打点の活躍で打率は.273に上昇した。

前日の同戦では6四球を与えながらも5回0/3を1安打7奪三振無失点の力投。勝利投手の権利を持って降板したが救援陣が逆転を許し2勝目はならなかった。

【動画】大谷が確信の一発! 大きな追加点となったメジャートップタイ10号2ラン

【動画】大谷が確信の一発! 大きな追加点となったメジャートップタイ10号2ラン signature

(Full-Count編集部)