文大統領、日本の週刊誌を引用した男性への「侮辱罪」告訴を取り下げ=韓国ネットで賛否の声

©株式会社 Record China

2021年5月5日、韓国・朝鮮ビズは「文在寅(ムン・ジェイン)大統領に侮辱罪で訴えられた男性が、大統領府に対して真っ向に反論した」と伝えた。
記事によると、青年団体「ターニングポイント」の代表キム・ジョンシクさんは、文大統領を批判するチラシを配ったとして「侮辱罪」で告訴されていた。キムさんがソウル・汝矣島(ヨイド)の国会近くでチラシを配布したのは2019年7月。チラシには「北朝鮮の犬、韓国大統領の真っ赤な正体」と書かれていた。キムさんはこの表現について、メディアに対し「日本の週刊誌から引用したもの」と話していたという。
ところが韓国大統領府は今月5日、「告訴を取り下げる」と発表した。その理由について「主権者である国民の委任を受けて国家を運営する大統領として、侮辱的な表現に耐えることも必要だという指摘を受け入れる」と説明したという。告訴した理由については「日本の週刊誌の表現を無差別に引用するなど、国の品格と国民の名誉、南北関係など、国家の未来に及ぼす害を考慮した」としており、 「北朝鮮の犬」という表現が問題になったとみられている。
大統領府の告訴取り下げに対し、キムさんはフェイスブックを通じて「陣営の利益のため、複雑な近代史を勝手に裁いて国格と国民の名誉、国家の未来に悪影響を及ぼす政治的行為に対する省察の契機になることを願う」と述べた。これについて記事は「大統領府の立場に真っ向反論した形だ」と伝えている。
なお文大統領はキムさんに対する告訴は撤回したものの、同様の事件が発生した場合は告訴を進める可能性を示唆したという。
これを受け、韓国のネット上ではキムさんに対し「かっこいい」「これは文大統領も一杯食わされたね」と称賛の声が上がっている。
一方で「大統領に対して最低限の礼儀は守るべき」「キムさんはこれまでにもかなり悪質で非理性的な言動をしてきた」「その言葉そのままお返しします。ご自分をよく省察なさってください」という批判の声も目立つ。
文大統領に対しても「文大統領じゃなかったら告訴は取り下げられなかっただろう」「根も葉もない非論理的な根拠で排除した過去の暗い時代とは天地の差」「大統領になる前、テレビの討論番組で『どんな侮辱も我慢する』とか言ってなかった?」「骨抜き大統領」など賛否両論のコメントが寄せられている。(翻訳・編集/松村)