ベルリンの最貧困層から抜け出そうともがく不法移⺠の⻘年描く 「ベルリン・アレクサンダープラッツ」予告

© 合同会社シングルライン

アルフレート・デーブリンの小説を新たな解釈で映画化した「ベルリン・アレクサンダープラッツ」の予告編が公開された。

「ベルリン・アレクサンダープラッツ」は、ドイツの小説家アルフレート・デーブリンが1920年代に発表した、ベルリンの下層社会を舞台にした小説「ベルリン・アレクサンダー広場」を、ブルハン・クルバニ監督の解釈によって映画化した作品。現代社会が抱える貧困・⼈種・難⺠の問題を、スタイリッシュな映像で描いている。第70 回(2020年)ベルリン国際映画祭のコンペティション部⾨に正式出品され、多くの映画祭・映画賞で受賞を果たしている。5月20日より、MIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXT の動画配信サービスで、オンライン上映される。

公開された予告編では、難⺠として必死にもがきながら善⼈になると誓う主⼈公・フランシスの姿と、フランシスに忍び寄る”悪魔のような男”ラインホルトが描かれる。また、互いに引き寄せられるフランシスとミーツェが互いに愛を与え合う一方で、ラインホルトの魔の⼿が2人に迫ることが描き出されている。

オンライン上映のスタートにあたりブルハン・クルバニ監督は、「本作はドイツ⼈社会と難⺠の話で、そこには闇が存在する。しかし結末には希望の⾒える話になっています」とコメントを寄せている。

【コメント】
■ブルハン・クルバニ監督
原作の『ベルリン・アレクサンダー広場』を読んで僕は育ちました。ベルリンに引っ越したとき、近くの公園には⾦持ちも⿊⼈もいて、ただ⿇薬のコミュニティは⿊⼈の難⺠がほとんどでした。格差を⽬の当たりにし、僕は彼らに焦点を当てた物語を作りたいと考え、頭の中で難⺠の物語とフランツ・ビーバーコップ(『ベルリン・アレクサンダー広場』の主⼈公)の物語が重なりました。
⾃慢のチームと役者たちが作った、旅をするような映画です。本作はドイツ⼈社会と難⺠の話で、そこには闇が存在する。しかし結末には希望の⾒える話になっています。楽しんでください。

(c)Sabine Hackenberg, Sommerhaus Filmproduktion(c)Wolfgang Ennenbach, Sommerhaus Filmproduktion

【作品情報】
ベルリン・アレクサンダープラッツ
2021年5月20日(木)よりMIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXTにてオンライン上映