【朝の一言がカギ】「今日何したの?」より子どもとの会話が濃くなる言葉『カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』

©株式会社マイナビ

子供が思うように動いてくれなくてイライラ! そんなとき、すぐにできて子どもがすんなり動いてくれるアドバイスが詰まった書籍が『カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』(ダイヤモンド社)。この連載では、本書から抜粋した遊び心満載の育児のコツやハウツーを短期集中でご紹介します。

<<『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』をすべて読む>>

【伝え方のお悩み】子どもに今日何したか聞きたい

てぃ先生のアンサー

朝、会話のきっかけを作っておく

(イラスト/後藤グミ)

帰ってから寝るまでの短い時間のなかで子どもと濃い会話をする、とっても簡単でいい方法があります。

それは、朝の時点で
「今日は園でどんなことしたい?」
などと聞いておくこと。

夜は「朝○○したいって言ってたけどできた?」と聞くだけ。

「今日何した?」と聞くより内容が濃くなり、
話も広がりやすい!

<<『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』をすべて読む>>

書籍『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』について

カリスマ保育士てぃ先生が自身のTwitterで紹介した保育のちょっとしたコツ、保育士として試して効果が高かったことのツイートを中心に、135の子育てアドバイスがまとめられています。すぐに実践できる声掛け、伝え方で、一瞬で子どもが自分で動いてくれるようになります。子どもはかわいいけれど、中々言うことを聞いてくれなくて毎日イライラしてしまうママ・パパ必見! 日頃のイライラが軽くなり、子育てがもっと楽しくなるアイデアが満載です。

著者プロフィール
てぃ先生

関東の保育園に勤める男性保育士。保育士として勤務するかたわら、その専門性を活かし、子育ての楽しさや子どもへの向き合い方などをメディアなどで発信。他園で保育内容へのアドバイスを行う「顧問保育士」など、保育士の活躍分野を広げる取り組みにも積極的に参加している。twitterフォロワー数は50万人を超える。

(文:『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』著・てぃ先生、イラスト・後藤グミ(ダイヤモンド社)より一部抜粋/マイナビ子育て編集部)