INAC神戸の関係者3人陽性 新型コロナ 練習を一時中止

© 株式会社神戸新聞社

INAC神戸のエンブレム

 サッカー女子プロ、WEリーグのINAC神戸は7日、新型コロナウイルス検査で、チーム関係者3人に陽性反応が出たと発表した。

 INAC神戸によると、4日に体調不良を訴えたフロントスタッフ1人が同日夜にPCR検査を受けたところ、陽性が判明。4日に埼玉県であったプレシーズンマッチに帯同したチームスタッフも体調不良を訴え、6日の練習前に行った抗原検査で陽性反応が出た。

 2名の陽性反応を受けて、チームは6日の練習を中止。監督、コーチ、選手、スタッフら計45人に独自のPCR検査を実施すると、さらにチームスタッフ1人の陽性が分かったという。

 保健所の指導を受け、クラブハウス内の消毒を実施し、7日に練習を再開した。クラブは「これまで取り組んできた感染症対策をさらに強化していく」としている。 (尾藤央一)