県高校総体前特集 バレーボール女子④ 敗戦を糧に臼杵がリベンジ誓う

©オー!エス! OITA SPORTS

 県高校総体直前特集バレーボール女子の第4回は臼杵。4月の全九州総合選手権大会県予選(九総予選)では主力メンバーの相次ぐけがでベストメンバーが組めず苦戦したが、しっかり4強入りした。苦しい台所事情でやりくりした祝園浩監督は「かなり厳しい大会だった。1年生を使わざるを得ない状況だったが、いい経験になった」と振り返った。

 準々決勝の大分東明戦ではストレート勝ちするも苦しみ、大分商業との準決勝では力の差を見せつけられ敗れた。エースの久保七彩(3年)は、「けが人が多いことを言い訳にしたくなかった。今いるメンバーで課題を克服しなければいけなかったが、できなかった」と悔しがった。大会前にブロックとスパイクレシーブを構築したが機能せず、サーブレシーブも不安定だった。守備が崩れた中で急遽センターにコンバートした岡田花奈(2年)がスピードのある攻撃で得点源となったのは収穫。祝園監督は「ビビらずに力強いスパイクを打てるようになった」と評価する。

下級生が経験を積んだ臼杵

 「燃え尽きないまま終わった」と久保。不完全燃焼で試合を終えたことで、選手はそれぞれ自分の課題を感じ取った。県高校総体に向けて、久保は「チームが苦しいときに決めるのがエースの仕事。それができなければコートにいる意味がない」とエースの自覚が芽生えた。勝利に貪欲になったのはキャプテンであり、安定感のあるリベロとしてチームを引っ張る東夢羽(3年)も同じ。「ベストパフォーマンスを出せなかったことが悔しい。県高校総体までに一本もボールを落とさないことを目標としたい」と語った。

 敗戦後に悔し涙を流す下級生は少なくなかった。東は「コートに立った選手も、ベンチ外の選手も全員が悔しい思いをした。この悔しさを無駄にしたくない。けが人が復帰してもしなくてもベストチームとして試合に臨むだけ」と県高校総体でのリベンジを誓った。

気迫のプレーでチームを引っ張った東夢羽

(柚野真也)