宇宙で熟成のワイン、オークションに登場

©BANG Media International

宇宙で1年以上熟成させたワインがオークションに出品された。落札予想価格は100万ドル(約1.1億円)、オークション会社クリスティーズによるとそのワイン「ペトラス2000」は1年2か月の間国際宇宙ステーションに保管されていたという。

同社のワイン専門家ティム・ティプトリーさんによると、地球で保存された同ラベルのワインも一緒に出品されるそうで、落札者はその違いを試すことができるようになっている。

ちなみに今年ボルドー大学のワイン研究所にて試飲が行われたそうで、参加者らは宇宙と地球での保存による味の違いを確認したという。

仏ボルドー地方のワインについての書『インサイド・ボルドー』の著者でジャーナリストのジェーン・アンソン氏はこう話す。「美味しくなったか不味くなったかは言いかねますが、明らかに味は違いました。香りはよりフローラルでスモーキーなものになりました。年月を経て熟成した『ペトラス』の特徴でもあります」