川崎・生田緑地ばら苑 2年ぶり春の一般開放

© 株式会社神奈川新聞社

800種3300株のバラが咲き誇る生田緑地ばら苑=川崎市多摩区

 川崎市多摩区の「生田緑地ばら苑(えん)」で、春の一般開放が始まった。コロナ禍の影響で春は2年ぶりの開園となり、色鮮やかな花々が来園者を魅了している。例年より1週間ほど早い来週にも見ごろを迎え、甘い香りが園内を包む。

 1.2ヘクタールの園内に約800種、約3300株が植えられている同苑。今年は天候に恵まれ上々の出来といい、有賀真由美園長は「人が少ない平日の来場がおすすめです」と話している。

 23日まで。午前10時(土日曜は午前9時)~午後4時半。入場無料だが、バラの育成や管理に充てる募金を受け付けている。問い合わせは、同苑電話044(978)5270。