絵画モデルで感じた絶頂を忘れられない女性 絵を描いた男性を訪ねる 映画「あらののはて」公開決定

©合同会社シングルライン

しゅはまはるみ、藤田健彦、長谷川朋史の3人が結成した自主映画制作ユニット「ルネシネマ」第二弾作「あらののはて」が、8月21日より劇場公開されることが決まった。

「あらののはて」は、高校生の時にクラスメートで美術部の大谷荒野(髙橋雄祐)から頼まれた絵画モデルで抱いた絶頂感が忘れられない、25歳の野々宮風子(舞木ひと美)を描いた作品。数々の舞台演出を手がけてきた長谷川朋史が監督・脚本を務めた。門真国際映画祭2020で最優秀作品賞、優秀助演男優賞、優秀助演女優賞を受賞するなど、多くの映画祭・映画賞で受賞を果たした。

主人公・風子役には、女優・ダンサー・振付家とマルチに活躍する舞木ひと美。荒野役は「無頼」や主演作「僕たちは変わらない朝を迎える」などの髙橋雄祐が務める。高校時代から8年後に荒野と同棲しているマリア役に眞嶋優、高校時代の同級生の前田役に成瀬美希が顔をそろえる。また、風子の背中を押す絵画教室の先生役でしゅはまはるみ、風子たちの担任の先生役で藤田健彦か出演。劇団「動物電気」の政岡泰志や小林けんいちが脇を固めている。

【コメント】

■珠美役 しゅはまはるみ

20年程の付き合いとなる長谷川監督を居酒屋で焚き付けたのは2017年末「カメ止め」の限定上映の直後だ。
興奮していた彼は二つ返事で乗り気になりアレヨという間にルネシネマ公開作品が三本も完成した。
繊細なアングルと光の使い方が正直、とても私好みのテイストで驚いた。「劇団主宰だったかつても本当に創りたかったのはこれだったのでは?」と今更気付かされた。
藤田健彦という盟友(名優)と共に、ルネシネマを止めないよう、いや、振るい落とされないようしがみついて行かなくては。

今作品では、珠美の絵画教室に、長谷川さん劇団時代のご縁で小劇場界のレジェンド達が生徒役として参加してくださっている。
そこはかとなく緊張している私がそこにいた。

■担任教師・カサブランカ役 藤田健彦

20年来の演劇仲間である長谷川さん、15年来の役者仲間であるしゅはまさんと2018年に立ち上げた「ルネシネマ」。
気心の知れた友人たちとのこのチームは、僕にとって「ホーム」である。
しかしながらそれ以前、長谷川演出を受けたのは2009年を最後に4回、しゅはまさんとは2007年に一度共演しただけ。
数少ない芝居作りの中で、演出家として、女優として、とてつもない刺激と絶対的に信頼出来る存在であるとの印象を、僕は受けたのである。

「あらののはて」において、しゅはまさんと僕に演出は一切無かった。
リハーサル開始30秒で長谷川さん、「OKそれで!」。
しゅはまさんも僕も、長谷川演出を分かった上で好き放題やらせて頂いた。
我々の関係性と想いを感じて頂けると思う。

■監督・脚本 長谷川朋史

『あらののはて』のシナリオは、主演の舞木ひと美さんにプロデュースを引き受けてもらう条件で、彼女に当て書きした作品です。
舞木さんに初めて会ったのは、私が講師を務めた演技のワークショップでした。ぱっと見、落ち着いた大人な感じの女優さんですが、演技をすれば、他の俳優さんにない不思議な雰囲気を発揮します。シナリオが完成して彼女に見せたところ、「流石に女子高生の役は…」といわれましたが無理やり押し切りました。結果、見事に高校生の初恋を演じきってくれました。共演の髙橋雄祐さん、眞嶋優さんは、舞木さんが声を掛けて、オーディションで決定しました。
昨年の門真国際映画祭では、審査員の方に「門真がこの作品をグランプリにしなければ」と半ば親心のようなありがたい評価を頂戴し、最優秀作品賞、荒野役の髙橋雄祐さんが優秀助演男優賞、マリア役の眞嶋優さんが優秀助演女優賞を受賞しました。
うえだ城下町映画祭では、審査員賞を受賞。映画監督の古厩智之さんからはキャストをべた褒めしていただきました。
本当に嬉しい限りです。
監督2作目にして、初めての長編作品です。皆様にご覧いただき、感想をお聞かせいただけたら幸いです。

【作品情報】
あらののはて
2021年8月21日(土)~9月10日(金)池袋シネマ・ロサにてレイトショー公開
配給:Cinemago
©ルネシネマ