2021年シーズンより適用されるFIA-F3新レギュレーションまとめ

©株式会社サンズ

 今季のFIA-F3選手権はコストカットを行い、また新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、FIA-F2選手権とは完全に切り離して開催されることになった。開催地も今週末の開幕戦スペインをはじめとする7カ所に制限される代わりに、各週末に3レースずつ、合計21レースを行うという強行スケジュールだ。

 それに伴ってスターティンググリッドの決め方も大きく変わった。金曜日にフリー走行、予選が行われるのは今まで通りだが、土曜日にレース1&2、そして日曜日にレース3が行われる。各レースの最大レース時間は40分に定められている。

 レース1のグリッド順は、『上位12番手までがリバースグリッド』となる。つまり予選首位のドライバーは12番グリッドスタート、予選12番手のドライバーが1番前からのスタートとなる。予選13番手以下のドライバーは、その順位でグリッドに並ぶ。ちなみに予選最速ドライバーには4ポイント、各レースでファステストを取ったドライバーには2ポイントが与えられる。

 レース2のグリッド順は、基本的にはレース1の順位に準じる。ただしレース1で12位までのドライバーは、レース1同様リバースグリッドとなる。そして最後のレース3は、公式予選の順位でのグリッド順になる。リバースグリッドは、適用されない。

 3レースいずれも、上位10人のドライバーにポイントが付与される。ただしポイント数は、レースによって違う(以下の表を参照)。

■各レースの獲得ポイント一覧

順位 スプリントレース1&2 フィーチャーレース

1 15 25

2 12 18

3 10 15

4 8 12

5 6 10

6 5 8

7 4 6

8 3 4

9 2 2

10 1 1

■2021年FIA-F3カレンダー

Round 日程 グランプリ

1 5月7〜9日 バルセロナ

2 6月25〜27日 ル・キャステレ

3 7月2〜4日 シュピールベルク

4 7月30〜8月1日 ブタペスト

5 8月27〜29日 スパ・フランコルシャン

6 9月3〜5日 ザントフォールト

7 10月22〜24日 オースティン