休業・時短、対応に地域差

宣言対象都府県の百貨店、球場も

©一般社団法人共同通信社

東京ドーム=東京都文京区

 新型コロナウイルス流行に伴う4都府県の緊急事態宣言の延長と2県の追加を受け、百貨店やイベントを手掛ける事業者は8日、対応の検討を急いだ。大型商業施設に対する要請内容は、休業や週末のみの休業、時短営業など自治体により異なる。プロ野球も一部で無観客試合を継続。制限が緩和された地域の遊園地は営業再開を発表した。

 よみうりランド(東京都稲城市)は、入園者数を5千人に制限し12日から営業を再開すると公表。プロ野球は無観客試合を行ってきた4球場のうち、東京都の東京ドームと神宮球場、兵庫県の甲子園球場は延長期間に入る12日以降に上限5千人で観客の受け入れを再開する。