★LOVE!『SUPERGIRL / スーパーガール』シーズン5 キャッチUP!#7

©株式会社AXNジャパン

すぴ豊です。 みんなが大好きなスーパーガールが帰ってきました! 『SUPERGIRL / スーパーガール』シーズン5いよいよ放送開始! ここでは放送直後に、 各エピソードをふりかえって解説していこうと思います! シーズン5の真のヴィラン、リバイアサンが動き出す!そしてレナとカーラの間に!

ドラマ性がぐっと盛り上がったシーズン5

僕は前回のエピソードの時にも思いましたが、ここにきて『SUPERGIRL / スーパーガール』のドラマ性がぐぐっとあがったと思います。特にレナとアンドレア、レナとカーラの
愛憎の(“憎”の部分はレナですが)ドラマがとてもスリリングです。
ただこれは#6の時にも書きましたが、僕はレナに同情します。彼女は決してヴィランではありません。だから余計につらいのです。
レナがカーラに思いのたけをぶちまけるシーン。
レナがとても愛おしく感じました。
なおこの“孤独の要塞”ですが、クリストファー・リーブの映画『スーパーマンⅡ 冒険篇』
ブランドン・ラウスの『スーパーマン・リターンズ』等ではルーサーが侵入していますね。
またレナが“ルーサーがかつらに隠して銃”。クリストファー・リーブの映画『スーパーマン』
ではルーサーはかつらを被ってました。

タイトルの意味は?そしてリバイアサン始動!

今回は敵の組織“リバイアサン”が見えてきます。今までのような宇宙人を憎む地球人の過激団体ではなく、太古の時代から歴史の影に暗躍してきた、神がかった秘密組織であることがわかります。
この組織の存在は『SUPERGIRL / スーパーガール』シーズン4の22話(最終回)、
「ピース・クエスト」で言及されています。

★LOVE!『SUPERGIRL / スーパーガール』シーズン4 キャッチUP!#22 海外ドラマboard

というわけで今回の邦題は「リバイアサン」になっていますが、原題はTremors(震え:「トレマーズ」で疲れたのと同じ意味合いです)
大地を揺るがすラマ・カーンのスーパーパワーをさしているんですが、カーマとレナの関係に大震動が走るわけです。

ラマ・カーンとは?

レバイアサンのリーダーともいうべきラマ・カーン。
コミックでは宇宙人ではなく、アクアマンと同じアトランティス人で太古の昔から存在してきた、という設定です。
3000年近く生きています。
このドラマによれば、ノアの洪水およびポンぺイ火山の噴火、6世紀のアンティオキア地震、
1931年中国大洪水、1970年のボーラ・サイクロン(歴史上の大災害)も彼の仕業とされています。

マーベルとのリンク

ところでリバイアサンとは、元々旧約聖書に出てくる海の怪獣の名です。この名前をとった悪の組織というのは、フィクションの世界にも出てきますが、マーベルのドラマ『エージェント・カーター』で主人公ペギー・カーターが戦う、旧ソ連の秘密組織の名前でした。
マーベルついでにいえば、火星人ジョンとマレフィクの父を演じるカール・ランブリーは
MCUドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』で、歴史に葬り去られた黒人のキャプテン・アメリカ、イザイア・ブラッドレイを演じています。

ついにレナとカーラが決別!?

ついにレナとカーラが決別!?
身動きとれないカーラの運命は?
というわけで我らがスーパーガール、最大のピンチです!

「SUPERGIRL スーパーガール」シーズン5 SUPERGIRL and all related pre-existing characters and elements TM and © DC Comics.
Supergirl series