【CRI時評】「反中乱港」活動家の後ろ盾の米政治家、公然と法治を踏みにじる

©株式会社 Record China

米国の一部の政治家はこの2日間、香港特別行政区の裁判所が「反中乱港(中国に反対し香港を乱す)」活動家らに下した判決についてあれこれ言うばかりか、犯罪者の釈放という筋が通らないことまで要求している。「ルール」に基づく国際秩序の擁護を求める一方で、実際に行っているのは、国際法と国際関係の基本準則に違反する行為だ。
内政不干渉の原則は、国連憲章の重要な原則および国際関係の基本準則であり、各国の主権と独立を守り、国際の公平と正義を守る根本的な保障でもある。
米国には、こうした国際ルールを無視し、中国の内政に繰り返し干渉して反中乱港活動家の犯罪行為を粉飾する人も一部にいるが、そうした人々が「自由」「民主」の旗を掲げる本当の目的は、香港を乱し中国を抑制することであることを、世界によりはっきりと認識させている。そうした人々が吹聴する「法治」に至っては、米国式ダブルスタンダードのもう一つの失敗例となっており、「自分に都合が良ければ利用し、都合が悪ければ破棄する」というものにすぎない。
米国の一部の人は、香港だけでなく全世界で干渉主義を広く実践している。米国の一部の政治家が「香港の人々と立場を共にしている」と主張するたびに、それが茶番劇やコメディーであることを全世界がよく理解している。そうした米国の政治家が言及する「香港の人々」とはすなわち反中乱港活動家のことであり、それと立場を共にしているとは暴力犯罪にくみすることだ。
香港の人権と自由は基本法によって十分に保障されている。米国の少数の政治家は、香港の司法および法制度に不当な影響を与えようとしているが、骨折り損のくたびれもうけとなるだろう。今日の香港には、外部の「黒幕」が悪事を働く余地は全く残されていない。(CRI論説員)