関東から西で暑く 関東で真夏日の所も 今週は日差し有効に 週中ごろは西日本で大雨のおそれ

©株式会社ウェザーマップ

週間予報(天気と最高気温)

 きょう(日)はよく晴れている関東から西では夏日地点続出となっている。関東でも30℃以上となった所があり、今年初めての真夏日となった。

 週明けにかけても関東から西は気温が高く、夏日の所が多くなりそうだ。また、週の中ごろは西日本を中心に大雨のおそれがある。雨の降り方や蒸し暑さに注意が必要となる。

関東も今年初めての真夏日

9日(日)午後3時時点の最高気温

 きょう(日)は、関東から西で東日本25℃以上の夏日になっている所が多く、30℃以上の真夏日になっている所もある。午後3時までの最高気温は宮崎で30.9℃、群馬県高崎市の上里見では30.3℃など、関東でも今年初めての真夏日となった。東京都心も28.4℃、練馬では29.8℃まで上がり、今年一番の暑さになった所が多くなっている。

週明けも夏日予想 北日本は気温ダウン

10日(月)の全国の天気と予想最高気温

 あす(月)も、関東から西では夏日になる所が多い見込み。きょうに比べると気温は少し低くなる所が多いものの、それでも前橋では28℃、熊谷で27℃予想で、内陸中心に暑いくらいの陽気が続く見込み。九州では大分県の日田で29℃まで上がる予想で、蒸し暑く感じられる所もありそうだ。水分や休憩をこまめにとって熱中症に注意したい。

 一方、北日本は日中の気温がきょうより低くなり、札幌は10℃、秋田は13℃など、この時季としては低い所もある見込み。気温の変化で体調を崩さないように注意が必要となる。

この先は日差し有効に 西日本は大雨のおそれも

13日(木)の昼ごろの雨の予想

 また、きょうは北日本を中心に不安定な天気で、雷雨になっている所があるが、あす(月)は北陸や北日本の日本海側は雲が広がりやすく、雨の降る所がありそうだ。関東も夜は一部でにわか雨の所がある見込み。

 11日(火)は晴れ間の出る所が多く、洗濯日和となる所が多くなりそうだ。

 12日(水)から13日(木)にかけては、前線や低気圧の影響で西から雨の範囲が広がる見通し。特に西日本には雨雲のもとになる暖かく湿った空気が流れ込むため、大雨となるおそれもある。沖縄が梅雨の中休みとなる一方で、その先は、西日本や東日本で梅雨の走りのような天気となる期間がある見込み。雨の季節に向けて、大雨への備えをするとともに、熱中症や食品の管理などにも注意が必要となる。

(気象予報士・及川藍)