キングス、今季の最終戦飾れず 京都に70-72

©株式会社沖縄タイムス社

キングス-京都 第1Q、キングスの岸本隆一がシュートを決める=沖縄アリーナ(下地広也撮影)

 プロバスケットボール男子Bリーグ1部西地区優勝の琉球ゴールデンキングスは9日、レギュラーシーズン最終戦を沖縄アリーナで行い、西地区8位の京都ハンナリーズに70―72で敗れた。通算成績は40勝16敗。

 

 キングスは京都守備陣を攻略できずにシュート決定率が格段に下がり、前半を25―28で折り返した。第3Qもドウェイン・エバンスの個人技で得点するも、他の選手の得点が伸びずに42―54と突き放された。

 第4Qは岸本隆一やエバンスがシュートを決め、残り2分から1シュート差に追い上げた。だが、決まれば逆転のシュートが何度も外れて惜敗した。

 キングスは15~17日、日本一を決めるチャンピオンシップの準々決勝(クオーターファイナル)を沖縄アリーナで行う。対戦相手は10日に決まる。

この記事はいかがでしたか?