女子指導歴10年の阪急ドラ1右腕 人口約2000人の町にあるクラブGMに「プロを出したい」

©株式会社Creative2

ホーネッツ・レディースでGMを務める石井宏氏【写真:石川加奈子】

石井宏氏は京都と札幌の高校で女子野球部の監督を歴任

諦めなければ、道は開ける。現在、北海道の女子硬式野球クラブチームのホーネッツ・レディースでGMを務める元阪急の石井宏氏は阪神退団後、サラリーマンとして働きながら高校野球の監督になるチャンスを待ち続けた。実現したのは引退から22年後。2011年秋に京都両洋高女子硬式野球部の初代監督に就任し、48歳で指導者としての道を歩き始めた。

自分自身に設けた“夢を諦める期限”まであと2年だった。神戸市内にある航空貨物の代理手続き業務を行う会社で営業と倉庫業務を担当して20年。実直な仕事ぶりが評価されて、取締役への抜擢も打診されたが「50歳までに監督の話があったら(会社を)辞めさせてください」とお願いし、固辞し続けていた。「あと2年、何の話もなければ、今もあの会社で働いていたと思います」と石井氏は語る。

高校野球の監督になることは、現役引退を決めた時からの夢だった。1985年のドラフト会議で阪急から1位指名を受けて日大からプロ入りしたが、右肩を痛めて、1軍での登板は10試合、2勝3敗の成績で終わった。阪急3年、阪神1年の計4年の現役生活。引退後は打撃投手としての道を断り、教師の道を志した。

当時、故障に泣いたドラ1右腕が高校野球に懸ける夢を語った記事が新聞に掲載されると、すぐに3つの高校からアプローチがあった。「ただ、あの頃は10年間教員をしないと高校野球の指導に関わることができなかったんです。そのことを先方に伝えると、じゃあダメだということになりました。これでは高校野球の指導者は難しいなと実感しました」と夢を一時封印した。

西宮市内の運送会社のドライバーを経て神戸市内の会社に就職後、2人の息子が所属していたリトルシニアのチームで指導を始めた。サラリーマンをしながら、縁があればとチャンスを待ち続けた。転機がやってきたのは48歳の時。スポーツメーカーの知人が、女子硬式野球部を立ち上げて監督を探していた京都両洋高を紹介してくれた。

ホーネッツ・レディースは今春、北海道・喜茂別町に拠点を移した

男子野球部の指導をイメージしていた石井氏は「その時に初めて女子野球というものがあるんだと知りました」と驚きながらも新天地に飛び込んだ。4年間監督を務めた後、今度は故郷の北海道で初めて女子硬式野球部を創部した札幌新陽高の初代監督になった。

男子高校生の指導は、翌春の創部準備のため札幌新陽高に赴任した17年に1年間コーチとして関わっただけ。夢だった男子野球部の監督にはなれなかったが、女子のひたむきさに触れて、女子野球の普及振興に力を注ごうと決めた。

「女子の方が真面目です。僕の指導は教育としての野球が基本。楽しく、強いチームをつくろうというスタイルをつくったので、部員も辞めずに一生懸命やってくれました」と言う。京都両洋高を全国高校女子硬式野球選抜大会8強、札幌新陽を全国高校女子硬式野球選手権4強に導いた。教え子には、女子プロ野球の人気選手だった高塚南海外野手(阪神タイガースWomen)や日本代表の小島也弥内野手(エイジェック)らがいる。

今春、札幌新陽高を退職し、ホーネッツ・レディースのGMに就任した。札幌と隣接する人口2000人の喜茂別町に拠点を移すチームを支える。「選手の獲得と喜茂別町の地域活性化がメーンになります」と人材不足に悩む地元企業と野球を継続できる仕事先を求める選手のマッチングに取り組む。「女子プロ野球もいずれ再編されると思います。新たなプロ野球ができた時に、喜茂別町からプロを出したいですね」と笑顔で語った石井氏。念願の指導者に転身してから10年が経ち、今また新たな夢に向かって走り出している。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)