主導権握れず 開幕戦は黒星に終わる

©早稲田スポーツ新聞会

新型コロナウイルスの影響により無観客で開催される関東大学春季大会(春季大会)。早大はAグループとして昨年度のリーグ戦1~3位の大学と対戦する。初夏にふさわしい快晴の下、東京・上井草グラウンドで行われた初戦の相手は、公式戦での直接対決は2年ぶりとなる東海大。前半はキック差の接戦を制す展開となったが、度重なるセットプレーのミスやペナルティーを修正しきれず、昨年度リーグ戦王者の東海大に阻まれ春季大会初戦は26―48の黒星スタートとなった。

前半は一進一退の攻防が続く。序盤は東海大のペナルティーから敵陣に攻め込みチャンスを作るが、相次ぐラインアウトのミスで思うように得点につながらない。6分、東海大にギャップを突かれて先制点を献上すると、その後もセットプレーが安定せずボールを思うように保持できない時間が続く。21分、マイボールから徐々にフェーズを重ねCTB長田智希(スポ4=大阪・東海大仰星)のパスを受けたWTB堀尾健太(スポ4=茨城・茗渓学園)がインゴールを駆け抜けると、SO吉村紘(スポ3=東福岡)がキックを決め逆転。その後も早大はプロップ小林賢太(スポ4=東福岡)を中心にスクラムで競り勝つなど勢いに乗る。さらに25分にはNO・8田中智幸(政経4=東京・早大学院)がゲインラインを突破し、SH河村謙尚(社4=大阪・常翔学園)がグラウンディング。このまま逃げ切るかと思われたが、終了間際にトライを許し、前半を14―12と2点差で折り返した。

前半トライを挙げた河村

後半は開始早々、空いたスペースにキックで攻め込まれるかたちで連続で得点を許し、相手に流れを渡してしまう。15分、FWの連携をうまくつないだFL相良昌彦(社3=東京・早実)が敵陣22メートル付近から走り抜けてトライ。食らいつく早大だったが、その後もスクラムの反則が起因となりモールトライ、PGを決められ後半残り8分で点差を22に広げられてしまう。しかし意地を見せた早大は敵陣ゴールライン前で相手のパスミスに素早く反応すると、そのまま右に展開してFB槇瑛人(スポ3=東京・国学院久我山)がインゴールを叩き割る。立て直しを試みるが最後に再び得点され、試合終了のホイッスルが鳴った。終わってみれば26―48。開幕戦勝利とはならなかった。

インゴールに向かう相良

試合を通して最も浮き彫りになったのは、やはりセットプレーの課題だろう。また「ミスやブレイクダウンで圧力をかけられて、その結果負けにつながった」と吉村が話すように、取り組んできたブレイクダウンにも課題はありそうだ。しかし小林や長田、ロック村田陣悟(スポ2=京都成章)など、接点で当たり負けしないフィジカルの強さが垣間見えた場面もあった。「春から取り組んできた部分に関しては東海大学さんと戦えていた」という大田尾竜彦監督(平16人卒)の評価のように、今日までに積み上げてきたものを実戦で応用することで得た収穫も大きいだろう。 次戦の相手は日大。6月6日の対戦となる。約1カ月の期間を経てどこまで課題を修正できるか。成長した早大ラグビー部に期待したい。

(記事 塩塚梨子 写真 大滝佐和)

コメント ※提供:関東ラグビーフットボール協会

大田尾竜彦監督(平16人卒)

――本日のゲームの感想をお願いします

最初の入りのところで5メートル三つ、スクラム一つを失ったのが非常に痛かったです。ただ春から取り組んできた部分に関しては東海大学さんと戦えていたので、そこは満足しています。

――相手チームについての感想をお願いします

非常にタイトなプレーをされていましたし、バックファイブや12番、13番が非常に能力が高く、ターゲットになる非常に良いチームだと思いました。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

今日できなかったバックスリーの連携、ピックアンドゴーへの対応、その二つを重点的に、今までやってきたことを信じて疑わずにやっていきたいと思います。

CTB長田智希主将(スポ4=大阪・東海大仰星)

――本日のゲームの感想をお願いします

新チームが始まってから取り組んできたところを徹底しようという話をして試合に臨みました。今までやってきたところで良い部分も出ましたが、やはりブレイクダウンなどで課題もたくさん見つかりました。

――相手チームについての感想をお願いします

ディフェンスのプレッシャーだったりブレイクダウンの圧力をすごく感じて、良いチームだなと感じました。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

ここで出た課題をしっかり修正して、次戦もっと良いチームにできるように、さらに成長して臨みたいと思います。

SO吉村紘(スポ3=東福岡)

――本日のゲームの感想をお願いします

自分たちのやりたいことが出せた時間帯があったのですが、ミスやブレイクダウンで圧力をかけられて、その結果負けにつながったと思います。

――相手チームについての感想をお願いします

ブレイクダウンですごく圧力をかけてきて、フィジカリティなチームだと思いましたが、僕たちが日本一になるうえで避けては通れないところなので、今後強化していきたいと思います。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

今日出た課題をしっかり修正して、また成長した早稲田を見せられるように頑張ります。

早大スコア東海大

前半後半得点前半後半

22T25

21G14

00P01

00D00

1412計1236

26合計48

背番号名前学部学年出身校

1小林 賢太スポ4東福岡

後半37分交代→17井元

2川﨑 太雅スポ2東福岡

後半37分交代→16長谷川

3木村 陽季社4東京・早実

後半31分交代→18亀山

4村田 陣悟スポ2京都成章

5鏡 鈴之介法3東京・早大学院

後半17分交代→19池本

6相良 昌彦社3東京・早実

後半23分交代→20前田

7小柳 圭輝社4東京・国学院久我山

8田中 智幸政経4東京・早大学院

後半23分交代→25佐藤

9河村 謙尚社4大阪・常翔学園

後半23分交代→21島本

10吉村 紘スポ3東福岡

後半31分交代→22久富

11小泉 怜史文構3東京・早実

後半26分交代→26遠山

12◎長田 智希スポ4大阪・東海大仰星

13松下 怜央スポ3神奈川・関東学院六浦

後半26分交代→23岡﨑

14堀尾 健太スポ4茨城・茗渓学園

15槇 瑛人スポ3東京・国学院久我山

16長谷川 太スポ4群馬・太田

17井元 正大文3東京・早実

18亀山 昇太郎スポ1茨城・茗溪学園

19池本 大喜文構2東京・早実

20前田 知暉社3大阪・東海大仰星

21島本 陽太スポ2神奈川・桐蔭学園

22久富 連太郎政経2島根・石翠見智翠館高校

23岡﨑 颯馬スポ2長崎・北陽台

24植野 智也法3東京・早実

25佐藤 健次スポ1神奈川・桐蔭学園

26遠山 拓教4東京・国学院久我山

月日対戦カード会場スコア

5月2日12:00日大vs明大日大G19ー24

5月9日12:00明大vs流経大明大G68ー29

5月9日13:00早大vs東海大早大G26ー48

5月23日13:00明大vs東海大山梨・JITス

6月6日13:00早大vs日大早大G

6月20日13:00早大vs流経大流経大G

6月20日14:00東海大vs慶大静岡・エコパ

6月27日13:00慶大vs日大慶大G

※日大Gは東京・日本大学稲城グラウンド、明大Gは東京・明治大学八幡山グラウンド、早大Gは早稲田大学上井草グラウンド、山梨・JITスは山梨県小瀬スポーツ公園、茨城・流経大Gは龍ヶ崎グラウンド、静岡・エコパは静岡県小笠山総合運動公園、慶大Gは神奈川・慶大日吉グラウンド

■関東大学春季大会 各グループ内で「対抗戦vsリーグ戦」の3試合を実施し、 順位決定を行わない。勝ち・負け・引き分け(他、中止)で表示する。