「しっかり分かるように」陸上・新谷仁美 組織委に五輪開催理由の説明求める

©株式会社東京スポーツ新聞社

陸上の女子1万メートル東京五輪代表の新谷仁美

陸上の女子1万メートル東京五輪代表の新谷仁美(33=積水化学)がアスリートへのワクチン接種について、複雑な心境を明かした。

国際オリンピック委員会(IOC)は、東京五輪・パラリンピックに参加する選手団に向け、米製薬会社大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを無償提供すると発表した。

そんな中、陸上の東京五輪テスト大会(9日、国立競技場)後の取材で新谷は「ただでさえ国民に(ワクチンが)行き届いていない。私みたいにワクチンは今(打たなくても)いいですって人もいれば、ワクチンを欲しいっていう人もいると思う。こちら(アスリート)だけが優先されるのは昨日も言ったが間違いだと思う。いい方だけを見るのではなく、悪く思われている方の意見もしっかり聞いてほしい」と神妙に語った。

その上で「トップの組織委員会の方々も明らかに強行突破にしか思えないところもある。それがどういう意図を持って五輪を今年やろうっていう説明がないまま準備をしている。やはり私も含めて国民が疑問に思うし、人によっては反感、怒っている人もいると思うので、しっかり分かるようにしてほしい」と訴えた。