日産 新型セレナは2022年後半にフルモデルチェンジ!? 全車e-POWER化も検討か

©株式会社MOTA

2018年、2019年と2年連続でミニバン銘柄の人気No.1を獲得する人気モデル「日産 セレナ」。特に2018年にストロングハイブリッドのe-POWERが登場し、販売台数に加速がついた。そんな現行型セレナの登場は2016年8月だから、早いものでもうすぐ丸5年が経過する。次のフルモデルチェンジはいつ頃になるのだろうか。ライバルのノア/ヴォクシーも刷新間近だと噂される中、セレナも2022年後半にフルモデルチェンジする方向で現在開発が急ピッチで行われているようだ。そんな新型セレナの最新モデルチェンジ情報をお届け!

日産 セレナ

先代は6年、先々代は5年でフルモデルチェンジ! 2016年デビューの現行C27型セレナもおよそ6年でフルモデルチェンジか

日産のミニバン「セレナ」は、ファミリー層を中心に根強い支持を集める人気の3列シートミニバンだ。ライバルには「トヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイア」「ホンダ ステップワゴン」と強豪が揃い、熾烈な販売競争が繰り広げられている。

2018年のマイナーチェンジで派手なフロントマスクに刷新され、ますます好評だ

現行型の日産 セレナ(C27型)が登場したのは2016年夏だが、その後2018年にはe-POWERを追加。さらに2019年にはフロント周りのデザインを刷新する大掛かりなマイナーチェンジを実施するなど常に改良が加えられている。日産も国内の販売戦略上、セレナを重要視していることがうかがえる。

そんな中、ライバルのトヨタは、2022年早々にもヴォクシー/ノアのフルモデルチェンジを予定していると噂されている。日産も一部改良などで当面は乗り切るものの、次なる一手としてセレナのフルモデルチェンジが急がれるところだ。

果たして次の新型セレナはどうなるのだろうか。

新型セレナの登場時期は、トヨタの動向をみつつ2022年後半の発表で調整中

先代のC26型日産 セレナは2010年に登場し、およそ6年でフルモデルチェンジを実施。その前のC25型は2005年登場で、こちらはおよそ5年でフルモデルチェンジされた。近年フルモデルチェンジのサイクルが長くなる傾向のある中、長きに渡り人気モデルとして君臨するセレナだけに、比較的頻繁に刷新が行われている。

そして現行型セレナも来年2022年でデビュー6年が経過。過去の傾向からすると、いよいよフルモデルチェンジのタイミングである。

折しも2022年前半に行われるはずのトヨタのフルモデルチェンジ動向を見つつ、最終的な調整の上で満を持して発表、という流れになりそうだ。日産 新型セレナ(C28型?)の登場は、早くとも2022年後半が見込まれる。

好評のデザインを継承したキープコンセプトな仕上がりながら、使い勝手はさらに向上

視界が良く使い勝手も良好なセレナの内装は新型でもキープされる

人気のモデルだけに、新型セレナのフルモデルチェンジはキープコンセプトで実施され、特に外装デザインに大きな刷新はないだろう。

また現行型でもしっかり煮詰められた室内の使い勝手だが、新型でもさらに充実。収納やサードシートの格納方法なども工夫が凝らされる。

なおe-POWERはバッテリー搭載位置の関係で、セカンドシートが左右独立のキャプテンシート(7人乗り)のみの設定となっており、販売店からは8人乗りの需要を取りこぼしているとの声も聞こえてくる。新型での対策を期待したいところだ。

写真は「新型キックス」のe-POWERシステム

パワートレインは現在、e-POWER一本化とするか、従来どおりマイルドハイブリッドのSハイブリッドと併売するかで検討が行われている最中。ノートでアップデートされた第2世代のe-POWERが搭載されるほか、4WDモデルも設定される。

先進運転支援システム「プロパイロット」は、新型ノートに搭載のナビ連動タイプが搭載されるが、スカイラインのようなプロパイロット2.0搭載は見送られる模様だ。

価格は現行型をほぼキープし、200万円台後半から400万円弱が中心価格帯の見込みである。

新型セレナの全車e-POWER化に、現場の営業マンからは猛反発の声も

人気の中心を占めるハイウェイスター(右)に対し、標準タイプ(左)は法人需要が多いという

セレナのe-POWER比率は全体のおよそ半分で、先代ノートよりも低い

新型ノートのように、次期型のセレナが全車e-POWER化される懸念については、販売現場からの反発が大きそうだ。

先代ノートの場合、e-POWERの販売比率はおよそ7割と高かったこともあり、新型ではe-POWER1本に販売を集約した

首都圏の日産販売店で聞いたところ、そのお店での現行型セレナの販売比率は、およそ9割が「ハイウェイスター」系で、e-POWERとSハイブリッドの比率は半々くらいとのことだった。ちなみに先代ノートでは7割以上がe-POWERだったという。

同店の営業スタッフは「下のクラスのトヨタ シエンタやホンダ フリードのハイブリッドと競合するケースがあり、その場合コミコミ400万円するe-POWERセレナでは勝負にならない。」と語る。

価格にシビアなユーザーが多いミニバンで、高価格なe-POWER一本に絞るのはリスクが大きすぎる

特にセレナクラスを検討するユーザーは、他のカテゴリーに比べ価格に対しシビアな厳しい客も多い傾向にあるという。「本当は日産にもシエンタのようなコンパクトミニバンもあると売りやすいのですが」と嘆きつつも、値引きを含めた見積を提示し“ひとクラス上で広い室内のセレナも買える!”という売り方でどうにか勝負をしているようだ。

現行型セレナはこのようにかなり広い範囲の販売をまかなっている現状がある。

ノートが新型でe-POWER専売化した際には、旧モデルの非e-POWERモデルをしばらく併売しつつ、価格の安い軽やマーチの提案をするなど、代替策も講じていた。

しかし前出の営業マンが嘆く通り、日産に200万円台の価格帯を補完する新たなコンパクトミニバンが登場しない限り有効な代替策はなく、現段階でセレナの全車e-POWER化は影響が大きそうだ。そのためしばらくは従来のマイルドハイブリッドモデルとの併売が続くのでは、とMOTA(モータ)では予想する。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部]