二宮和也率いるYouTubeユニットが人気、『ジャにのちゃんねる』メンバーの魅力を分析

©株式会社アイ・シー・アイ

ジャにのちゃんねる

“チャンネル登録者100万人”を目標に掲げスタートした二宮和也率いるYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』。すでにその数字を優に超え、登録者数は250万人に迫る勢いだ。

4月25日に更新された初回動画は、「二宮和也仲間たちとYouTubeを始めます!」というタイトルで、二宮が、ともにYouTubeを運営していく仲間を探すところから幕が開けた。選ばれたのは、KAT-TUNの中丸雄一・Hey! Say! JUMPの山田涼介・Sexy Zoneの菊池風磨の3人。これから二宮を含めた4人で、『ジャにのチャンネル』を盛り上げていくようだ。ここでは、選ばれたメンバーそれぞれの魅力と、二宮との関係性、そしてチャンネルで期待される活躍を分析していきたいと思う。

「器用な職人肌」中丸雄一

“最初の仲間”として加わったのが、中丸だ。自身で企画し、撮影・編集したものを、グループの特典映像として使用した経験もあり、「編集担当」として指名された。二宮も、「器用でなんでもできる人」と言っていたとおり、予告動画の編集からポテンシャルの高さを感じさせている。メンバー同士だからこそ遠慮なく入れられるのか、ツッコミのテロップがなんとも面白い。二宮とは同い年で“友達”でもある中丸。優しい雰囲気で、チャンネルの視聴者を癒してくれるはずだ。

「圧倒的演者」山田涼介

山田は、「圧倒的演者が欲しい!

スーパースターを入れたい!」という二宮の思惑により、加入を打診されたメンバー。スーパースターである二宮からも、「本当にすごい人」「キラキラした人」と一目置かれている山田は、画面に映るだけでパッと華やかになるようなオーラを持っている。だが、「かなり陰キャ」と言われているように、二宮からしたらなぜか親近感が湧くのも彼の魅力の一つだろう。二宮と同じくゲーマーでもあるため、今後、ゲーム実況をしている姿も見てみたい。

「オールマイティ」菊池風磨

『ニノさん』(日本テレビ系)で二宮と共演中の菊池は、「ユーティリティカード」と称されており、二宮いわく「どちらにも振れる人」。確かに、シリアスな演技をしているかと思えば、過激なドッキリを仕掛けられたりと、さまざまな顔を持ち、どれも器用にこなしている印象が強い。動画内でも、ツッコミを入れながらもボケられるオールマイティな魅力を見せている。語彙力も高いため、テロップになる率も高め。チームに刺激を与える存在になることは間違いないだろう。

最初にメンバー名を見た時は、異質な選抜だと感じたが、4人が揃ってトークをしているところを見ると、「なるほど」と納得させられる。温かく柔らかな空気感を醸し出しながらも、どこか癖になる面白さ。グループも年齢もバラバラな4人だが、このメンバーだからこそ表現できるユーモアを感じさせる。メンバーも、「今後も、こういう派生が増えていくためにやっている」と話していたが、これから更にグループの垣根を越えたYouTubeユニットが誕生していくかもしれない。ジャニーズ事務所初のYouTubeユニット『ジャにのチャンネル』。さらなる躍進を願いつつ、動画の更新を楽しみに待ちたい。【菜本かな】