「MLB1人混じってるぞ」 窮地救った15m“超ロングバックトス”が「センスの塊」

©株式会社Creative2

好守を見せたオリックス・宗佑磨【画像:パーソル パ・リーグTV】

無死満塁で見せた美技「宗のプレーは毎回ほんとにえぐい」

■ロッテ 7ー4 オリックス(9日・ZOZOマリン)

オリックスの宗佑磨外野手が9日、敵地でのロッテ戦で“メジャー級”の鮮やかな好守を見せた。「1番・三塁」でスタメン出場。大ピンチでの併殺を導いた二塁への“超ロングバックトス”に、「ほんとにムネユーマーって名前でメジャーリーガーやってても遜色ないレベル」「MLB1人混じってるぞ」と称賛の声が上がっている。

3回無死満塁の窮地で、ロッテ・井上の打球は三遊間のど真ん中に。追いついて捕球した宗は、15メートルほどはあろうかという二塁へ柔らかなバックトス。5-4-3と滑らかに渡って併殺を奪って見せた。

抜群のセンスが光ったプレーを「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが「【勝っても負けても】2021年5月9日 今日のナイスプレーまとめ」と題して公開した動画の中で紹介。ファンからは「宗の守備はセンスの塊やな」「宗のプレーは毎回ほんとにえぐい」「これはメジャーリーガーMuney Humor」などとコメントが寄せられている。

【動画】約15mの“超ロングバックトス”

約15mの“超ロングバックトス”【動画:パーソル パ・リーグTV】 signature

(Full-Count編集部)