ペレス、抜けないバルセロナで8番手から5位「マクラーレンはとてつもなく速くて苦労した」レッドブル・ホンダ/F1第4戦

©株式会社サンズ

 2021年F1スペインGP決勝で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは5位だった。

 ペレスは8番グリッドからソフトタイヤでスタート、1周目に6番手に上がった。27周目にミディアム、57周目にソフトに交換して5位でフィニッシュした。

2021年F1第4戦スペインGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とダニエル・リカルド(マクラーレン)

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 決勝=5位
 このコースはオーバーテイクが簡単ではないので、厳しいレースになった。オープニングラップはうまくいき、いくつか順位を上げた。でも(マクラーレンの)ダニエル(・リカルド)をパスするのにかなり時間がかかってしまった。マクラーレンはストレートでとてつもなく速かったので、仕掛けるのが難しかったんだ。結局はターン1のアウト側から抜くことができたけどね。

 今日自分がやるべきことは分かっていた。プッシュし続け、なんとかやるべきことを成し遂げたけれど、タイヤのライフがあまり残っていなかったので、きつかったよ。

 マシンに自信を持って乗れるようになりつつある。グランプリウイークエンドを終えるたびに「週末が今始まったばかりならいいのに」と思うよ。サーキットはひとつひとつ違うから、ここで学んだことはモナコで必要なこととは違うものだろうけど、大事なのは今適応しつつあるということ。じきに100パーセントの状態になることを願っている。モナコが楽しみだ。レッドブルのマシンは過去にモナコで強さを発揮してきたから、優勝するチャンスがあると思う。