NTT東西とDNP、電子教科書・教材配信の全国展開に向けて協業強化

© 株式会社マイナビ

NTT西日本、NTT東日本と大日本印刷(DNP)は、大学等高等教育機関向け電子教科書・教材配信サービスの普及・拡大に向けて、連携を強化すると発表した。

これまでNTT西日本とDNPは、教育のデジタル化推進を目的とした協業を検討してきたが、今後はNTT東日本を加えた協業体制のさらなる強化とともに、教科書・教材を提供する出版社と連携し、サービスを全国的に展開していくという。

今回の協業では、NTT西日本・NTT東日本が保有するICT基盤および営業ネットワークと、DNPが保有する教育コンテンツ制作・配信ノウハウを組み合わせることで、高等教育機関向け電子教科書配信サービスを全国規模へ拡大していく。

また、電子教科書・教材配信事業の他に、出版社向けに教科書の電子化を促進するためのオンライン教科書・教材選定サービス並びに取次・流通支援事業の提供準備を進めるとともに、教員独自の教材を電子化するためのオリジナル教材開発・支援事業の実証的な取り組みを開始する。

NTT西日本は、学術情報ネットワーク(SINET)と接続したクラウド基盤(地域創生クラウド)、大学へのシステムインテグレーション導入、大学への営業(NTT西日本エリア)、オリジナル教材のリッチコンテンツ化支援、プレセールス大学との学修データ活用の実証実験等を行い、NTT東日本は、SINETと接続したクラウド基盤、大学へのシステムインテグレーション導入、大学への営業(NTT東日本エリア)、オリジナル教材のリッチコンテンツ化支援、プレセールス大学との学修データ活用の実証実験等を行う。

DNPは、電子教科書・教材の配信システム構築、出版社に向けた教員への電子教科書・教材販売促進支援、書店に向けた大学への提案支援、電子教科書の取次サービス、教科書の電子化支援、教員オリジナルの教材開発支援、教員・学生に向けたサービス利用支援等を行うという。

3社は今後、サービス提供体制を整備するとともに、大学のニーズを汲み取り開発・改善に繋げることで、教育の質向上に資するサービスの実現に取り組んでいくほか、取次・流通支援事業やオリジナル教材開発・支援事業では、さらなるニーズの検証とサービスの具体化に取り組む。さらに、大学のアダプティブ・ラーニングをより効果的に支援する観点から、学修の可視化等を含めた新サービスの開発検討にも取り組んでいくという。