リカルド6位「今までで一番の週末。必死に防御するなかで、車の力を最大限引き出せた」マクラーレン/F1第4戦

©株式会社サンズ

 2021年F1スペインGP決勝で、マクラーレンのダニエル・リカルドは6位、ランド・ノリスは8位だった。

■マクラーレンF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=6位
 良い週末だったよ。全体的にこれまでで最高の週末だと言える。今日はマシンから最大の力を引き出せたと感じているんだ。ずっと防御していたんだけどね!

 スタートで何台か抜いたが、当然ながら彼らの方がわずかながら速かったと思う。そのため、必死に防御しなければならなかった。速いペースで走らなければならず、ずっとプッシュしていた。その結果、このマシンについてさらに学ぶことになったよ。

 僕たちにはポイントを狙える競争力はあった。ただ、あと少し改善する必要がある。フェラーリは今日は僕たちより少し速かったし、もちろんレッドブルが速いことは分かっている。まだやるべきことがあるということだね。でも全体的にはスムーズでよくまとまった週末だった。

 チームのピットストップ戦略は優れていたし、6位は今日の僕たちに可能な最高のリザルトだったと思うよ。

2021年F1第4戦スペインGP ダニエル・リカルドとランド・ノリス(マクラーレン)

■マクラーレンF1チーム
ランド・ノリス 決勝=8位
 厳しいレースだった! 実際予想されていたことだけどね。ここはオーバーテイクがとても難しいから。それでも、僕たちはできる限りのことを達成できたと思う。記録上は望んでいるほど強力な結果ではないが、今日はそのことはそれほど重要ではないと思う。一日を通してまずまずのペースを出すことができてよかったと思う。

 このトラックの特徴を考えれば、僕たちはできるだけのことをやったといえるだろう。それが8位という結果なのだし、ダブルポイントになったから、チームのためにも喜んでいる。

2021年F1第4戦スペインGP ランド・ノリス(マクラーレン)

この記事はいかがでしたか?