自民・立民、LGBT法案協議

差別記述に開き、調整継続

©一般社団法人共同通信社

 LGBTなど性的少数者の課題解決を目指す超党派の議員連盟は10日、国会内で会合を開き、自民党特命委員会が策定した性的少数者への理解増進を図る法案の要綱について協議した。自民党は、新たに「差別は許されない」との表現を加える案を提示。一方、立憲民主党は性的少数者への差別や不利益な扱いの禁止規定を盛り込むよう求め、折り合わなかった。今後も調整を続ける。

 議連に出席した自民党の稲田朋美前幹事長代行は記者団に「今国会で法律を成立させたい」と意欲を強調。立民の西村智奈美元厚生労働副大臣は「自民党の案に差別との文言が入り、前進した」と述べ、今後の調整に期待感を示した。