兼六園すでに閑散 12日から休園「今は待つしか」

© 株式会社北國新聞社

閑散とした兼六園の江戸町通り

 石川県独自の緊急事態宣言を受け、12日から休園する兼六園では10日、すでにシャッターを下ろす茶店が目立ち、観光客もまばらだった。

 兼六園観光協会によると、加盟12店は12日から全店休業する。コロナ禍の休園は昨年4~5月以来2度目。宇田直人理事長は「1度目と違って今回はワクチン接種が始まり、コロナ収束の兆しが見え、今は待つしかない」と話した。

 金沢城公園は国重要文化財の特別公開や夜間開園、ライトアップを中止する。いずれも31日まで。

 いしかわ動物園、のとじま臨海公園水族館、ふれあい昆虫館も12~31日は休館する。動物園と昆虫館は11日は休館日。事前予約制となる国立工芸館は閉館しない。