奄美、世界遺産へ希少種保護

交通事故対策導入へ

© 一般社団法人共同通信社

世界自然遺産への登録勧告から一夜明け、合同記者会見で発言する奄美市の朝山毅市長=11日午前、鹿児島県奄美市役所

 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産への登録勧告を受け、鹿児島・奄美大島の5市町村の首長が11日、奄美市役所で合同記者会見を開いた。朝山毅奄美市長らは「新型コロナウイルスの脅威が広がる中、島民が待ち望んだ朗報をもらい大変うれしい」と話し、希少種を交通事故被害から守る対策を導入する方針を示した。

 奄美市などによると、アマミノクロウサギといった希少種保護策として、市道で自動車の台数や速度を制限するルールを今夏にも施行する。観光客の急増が見込まれることに関しては、施設の利用者数を制限したり分散させたりして、自然環環境保全との両立を図る。