富山県内1人死亡 8人感染確認(11日発表) 新型コロナ

©株式会社北日本新聞社

 富山県と富山市は11日、新型コロナウイルスに感染していた患者1人が同日に亡くなったと発表した。県内での新型コロナ患者の死亡は5月7日以来で、計32人となった。

 富山、射水、氷見、滑川の4市で20~80代の男女計8人が感染したことも明らかにした。県内の累計感染者数は1428人。変異株は新たに16人確認されて計288人となった。

 新規感染者のうち、富山市の60代男性と20代女性は家族。射水市の60代女性は、9日に感染が判明した同市の70代男性の家族で、1~7日に東京都に滞在していた。