会場の感染リスク94%軽減

対策講じたJリーグの実証実験

©一般社団法人共同通信社

感染対策が講じられた名古屋―FC東京戦=4月3日、豊田

 Jリーグは11日、マスクや座席間隔の確保など観客にコロナ感染対策を講じ、J1の2試合で行った実証実験の結果として、感染対策なしと比べて2試合とも94%のリスク軽減が認められたと発表した。産業技術総合研究所などが、いずれも1万5千人以上が入った4月3日の豊田スタジアムの名古屋戦、同11日の味の素スタジアムでのFC東京戦で調査した。

 AI画像解析で確認したマスク着用率は2試合平均で94%。二酸化炭素濃度の計測によると客席やラウンジ等に「密」の状態は確認されなかった。村井満チェアマンは「相手も変異を続けている。予断なく対策を続けていきたい」と話した。