イニエスタ「第2の故郷で語り継がれるプレーを」 契約延長会見の一問一答

© 株式会社神戸新聞社

2年間の契約延長で合意し、会見に臨む神戸のイニエスタ=11日午後、東京都内(ⓒVISSEL KOBE)

 サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸は11日、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(37)と2年間の契約延長で合意したと発表した。(有島弘記)

 イニエスタとの一問一答は次の通り。

 「(新加入会見をした)3年前、エキサイティングなプロジェクトを発表した。この新たな挑戦は私と家族の大きな一歩だった。三木谷会長が信頼を置いてくれ、クラブ初のタイトル、ACL出場と、歴史をともに築いた。挑戦はまだまだ続くが、3年前の熱い気持ちで続けていきたい。プロジェクトに関わり続けられることにワクワクしている」

 「私の家族を代表し、日本のみなさんに感謝したい。おもてなしをしてくれたことで第二の故郷になった。(新型コロナウイルス禍で)大変な時期を過ごしているが、ともにこの困難を乗り越えていきたい」

 -契約延長の理由と今後成し遂げたいことは。

 「自分が信頼されていると感じたことが、一番重要なポイントだった。神戸のために自分のベストを出すというモチベーションを感じ続けていることも重要だった。自分のコンディションを落とさずにチームにより一層貢献したい」

 -契約延長期間を含めると在籍5年。神戸や日本に残したいことは。

 「ファン、メディアのみなさんに語り継いでもらえるような、ピッチでの表現を残したい。神戸をさらに強いチームにする挑戦は続く。大きな目標を勝ち取りたい性格なので、高みに連れて行く貢献をしていきたい」

 -現役最後は神戸か。

 「サッカー選手としてのキャリアをここ(神戸)で最後まで続けたい。サッカー選手としてだけでなく、このクラブとは今後もいろいろな形で常に関わり続けたい。それが私の希望です」