大阪で974人感染、55人死亡

1日の死者数は過去最多

©一般社団法人共同通信社

大阪市内のPCR検査場に入るマスク姿の人=11日午後1時42分

 大阪府は11日、974人が新型コロナウイルスに感染し、感染者55人が死亡したと発表した。1日に発表された死者の数としては過去最多。感染者3人を重複計上していたとして取り下げた。入院中の重症者は401人で、府が確保した重症病床数を上回っており、46人が軽症・中等症病床で治療を継続している。

 感染拡大に伴う府などの業務過多で、患者の死亡後、発表までに時間がかかっており、11日発表分にも4月中の死者が6人含まれる。

 府内の感染者の累計は9万1184人、死者は1785人。また、府は滋賀県が提供した重症病床に入院していた感染者は、軽症になったことも明らかにした。