女性専用シェアハウスで生活を 糸魚川市清崎にオープン 移住誘致の発信に

©株式会社上越タイムス社

 糸魚川市清崎に女性専用のシェアハウス「Primo passo(プリモパッソ)清崎」がオープンした。

中古住宅をリフォームして女性専用シェアハウスをオープンした「しあわせ創造研究所」代表の水嶋さん

 シェアハウスは各居室とは別に共同で利用できる共有スペースを持つ賃貸住宅。リーズナブルな費用や、入居者同士の交流も楽しめる新しい住まいの形として注目されている。

 同市竹ケ花の不動産賃貸業・合同会社「しあわせ創造研究所」(水嶋丈明代表)が、中古住宅をリフォームして今春から入居者を受け入れている。定員4人の小規模タイプ。1、2階に各2居室、1階共用部にリビング、キッチン、バス、トイレなどを備える。

キッチン、リビングの共用スペース。入居者同士の交流などが生まれる新たな賃貸住宅のスタイル

 水嶋さん(59)はコロナ禍で地方の暮らしや移住が見直される中、「糸魚川にもシェアハウスがあれば移住の候補地として選んでもらえるのでは」と市内で先駆けて始めた。入居者の主対象は糸魚川へ移住を希望する人、学卒者らUターンも含めて地元で1人暮らしをしたい人など。4月中旬、東京から移住を決めた入居者の1人はリモートワークでこれまでの仕事を続けながら、糸魚川での新たな生活を送っている。

 「Primo passo」はイタリア語で「最初の一歩」の意。水嶋さんは「住まいを変えるということは人生のターニングポイント。いろいろな人の多様な価値観、生き方を地域の皆さんから温かく見てもらい、将来的ニーズも考えていきたい」と話している。

 各室収納付き、机、椅子、ベッド完備。有線LAN利用可。共用部は無料Wi-Fi利用可。防犯カメラ設置。家賃は月額3万4000円~3万6000円。詳細は「糸魚川市」「シェアハウス」のワードでネット検索。問い合わせは同社(電025・555・7093)へ。