大倉忠義 暴走ファンに再び苦言…過去には下着渡す問題行動も

© 株式会社光文社

関ジャニ∞のメンバー・大倉忠義(35)が5月10日、ファンのマナーに苦言を呈した。

『東スポWeb』によると彼はジャニーズ事務所のファンクラブ向けブログで、「最近疑問なのよ。稽古場にわざわざ出向いてくださっているルールの守れないお嬢様方に適応する法律はないのかしら」と投稿。そして、「どんだけ訴えても無くならないし いなくならないし」「スタッフが言おうが警察が言おうが来るのよよよ」(原文ママ)とつづったという。

大倉は18年11月にも、“ファンの暴走”を疑問視するブログ記事を書いている。一部ファンから執拗に付きまとわれていることや、カバンに物を入れられたことがあるといい「身勝手な行動が精神的につらいです」と告白。さらに「ある時は、友人と食事をしていたら駅や空港にいつもいる人が横のテーブルにいました」とも明かしていた。

当時、ファン同士で「行動を見直そう」との呼びかけがSNSで行われたがーー。その声が届かない人たちもいるようだ。

お気に入りのタレントに接触するためなら、タレント本人の気持ちや周囲の迷惑を顧みない。そんなファンのことを“やらかし”と呼ぶそうだ。あるファンはこう話す。

「やらかしは、いきなりタレントに抱きついたり押したりします。相手が怒っても『嫌がるそぶりもたまらない』『私のことを認識してくれた』と喜ぶだけなので、非常にタチが悪くて……。大倉くんが怒っているのも、そういったやらかしたちのことだと思います。あの人たちと一括りにされてファンと呼ばれるのは辛いです」

18年のブログで、大倉は“カバンに物を入れられた”と記している。何を入れられたのかは明らかにしていないが、その多くは驚くべき内容だという。

「困ったプレゼントの例として多いのは妄想ラブレター。“この前は遊園地に行って楽しかったね”など、妄想のデートについて延々と書いてあると聞きます。あとは自分の履いた下着をバッグに押し込む人もいるそうで、本当に理解できません。『ただのストーカー!』と多くのファンが怒っています」(前出のファン)

大倉の苦しみに終わりは来るだろうかーー。