再生エネ比率、36~38%を軸

30年度電源構成で大幅引き上げ

© 一般社団法人共同通信社

 経済産業省が2030年度の新たな電源構成について、再生可能エネルギーは36~38%を軸に検討していることが11日、分かった。現行目標の22~24%程度から大幅に引き上げる。30年度の温室効果ガス排出量を13年度比で46%削減する政府目標の実現に向け、発電時に二酸化炭素(CO2)を出さない再生エネの導入を加速する。原子力は現在掲げているのと同水準の、全体の2割程度を維持、火力は縮小する。

 電源構成は、経産省が見直しを進めている中長期的な指針「エネルギー基本計画」の土台となる。今後、有識者会議で詰めの協議を行う。基本計画は今夏の閣議決定を目指す。