新車のSUV「マツダ CX-5」購入予算400万円台で3年落ちの高級外車「ジャガー F-PACE」が買える事実!

©株式会社MOTA

「マツダ 新型CX-5」は、欧州プレミアムクラスに匹敵する高い質感を有する、同社を代表するSUVだ。最上級グレード“XD Exclusive Mode”(4WD)の価格は、約403万円である。実際、欧州プレミアムSUVを新車で購入しようとすれば、安いものでも600万円台後半なのだから、かなり買い得感は高い。しかしこれが、中古車となったら話は別だ。およそ3年落ちの2017年~2018年式、走行距離の上限を3万キロ台と設定すれば、新車のCX-5購入予算で本物の欧州モデル、しかも英国の高級車ブランド「ジャガー」に手が届くのだから!今回はジャガーのプレミアムSUV「Fペイス」の中古車をご紹介する!

ジャガー F-PACE(エフペイス)[2016年6月国内発表] vs マツダ 新型CX-5

ただのSUVにあらず! ジャガー Fペイスは「4ドアのスポーツカー」だった!

ジャガー Fペイス(F-PACE)は、2016年6月に正式発表された同社初のSUVモデルだ。

ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」と同じ“F”を名乗り、V8 5リッター+スーパーチャージャーのハイパフォーマンスモデル“SVR”(最高出力550ps・最大トルク680Nm)もラインナップするなど、4ドアのスポーツカーを目指した欲張りなモデルでもある。

実用性だけを重視したSUVにはない、こうしたプラスアルファの魅力こそがプレミアムブランドを選ぶ理由の一つでもある。

写真はV8 5リッター+スーパーチャージャー(最高出力550ps・最大トルク680Nm)を搭載するハイパフォーマンスモデル「ジャガー F-PACE SVR」

先に挙げたハイパフォーマンスモデルもあるいっぽうで、Fペイスには2リッターディーゼルターボ(180馬力・430Nm)や、出力の異なる2種類の2リッターガソリンターボ(250ps・365Nm/300ps・400Nm)、3リッターガソリン+スーパーチャージャー(380ps・450Nm)など、ニーズによって選べる幅広いエンジンラインナップを有するのも特徴である。

ジャガー Fペイス、新車の車両本体価格は「F-PACE 20d PURE」678万円から「SVR」1306万円までとなっている(価格は全て消費税込み、以下同)。

新車価格の200万円引きもざら! 狙い目は上位グレードのオプション満載車だ

さっそく中古車検索サイトで、ジャガー Fペイスを検索してみた(2021年5月11日現在 MOTA調べ)。

2016年式から2021年式までおよそ110台がヒット。366.6万円から796.7万円までと幅広い価格帯の中から選ぶことが出来る。中でもボリュームが多いのは、400万円から500万円のゾーンだ。

そこで以下の通り、条件を絞り込んでみた。

走行距離の上限3万キロ台までの高年式で良質なジャガー Fペイスの中古車を検索

▼中古車検索条件▼

・メーカー車名:ジャガー Fペイス(現行型)

・モデル:(初代)2016年6月~

・年式:平成29(2017)年~令和3年

・走行距離:~最大4万キロまで

・価格帯:350万円~450万円

・修復歴:なし

(2021年5月11日現在 MOTA調べ)

およそ3年落ち・上限3万キロ台のジャガー Fペイスが11台ヒット! 中には2019(令和1)年式の中古車も!

写真は「R-SPORT」のインテリア

上記の検索条件で調べてみたところ、およそ3年落ち・上限3万キロ台のジャガー Fペイスが11台ヒットした。

最も多いのは2リッターディーゼルターボで9台。2リッターガソリンターボ(250ps)が1台と、3リッター版も1台見つかった。

そのうちの2台はなんと2019(令和1)年式。2台とも2リッターディーゼルのベーシックグレード「PURE(ピュア)」だった。1台は走行距離9000キロ、もう1台も2万キロとまだまだ距離も浅い。新車で購入すれば678万円のプレミアム輸入車が450万円以下で手に入る。

装備が充実する上位グレードを探してみよう! 新車時に高価だったオプションが備わるクルマは特に狙い目

写真はディーゼルモデル「F-PACE 20d PRESTIGE」

エンジンラインナップの豊富さに加え、ジャガー Fペイスはグレードもきめ細かく用意されているのも特徴だ。

今回の中古車検索でも、ベーシックなPUREに加え、上位グレードの「PRESTIGE(プレステージ)」、スポーティグレード「R-SPORT(アールスポーツ)」が見つかった。さらにスライディングパノラマルーフ(約25万円のオプション)など、オプション装備が充実するモデルはさらに買い得感が高まる。

また今回の11台の多くは、正規販売ディーラー店による認定中古車となる。気になる在庫車がある場合は、オプションの有無なども積極的に問い合わせてみると良い。ジャガー専門の販売スタッフが、わからないことも詳しく教えてくれるはずだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]