55歳、貯金3700万円。ご近所トラブルがあり、一戸建てに転居を考えております

©株式会社オールアバウト

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、近所とのトラブルがあり、一戸建ての購入を考えているという55歳の会社員女性。ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

ご近所トラブルがあり、転居を考えています

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。 今回のご相談者は、近所とのトラブルがあり、一戸建ての購入を考えているという55歳の会社員女性です。ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

相談者

くろまめさん(仮名) 女性/パート・アルバイト/55歳 関東/持ち家(一戸建て)

家族構成

夫(67歳)、息子(20代)

相談内容

ご近所トラブルがあり、夫が精神的に参ってしまっているので、転居を考えています。現在住んでいる住宅を売却し(1000万円ぐらい)、新たに住宅を購入したいと思っています。ペットがいるので賃貸は考えていません。私の老後の生活に不安もあり、どの程度までの物件なら可能なのか知りたいです。

家計収支データ

くろまめさんの家計収支データは図表のとおりです。

相談者「くろまめ」さんの家計収支データ

家計収支データ補足

(1)収入について(相談者コメント) 夫の収入は、老齢年金17万円、その他12万円。今後年金額の変動はないと思います。 (2)ボーナスの使い道について 固定資産税3万円、帰省費用15万円、旅行5万円、予備費(家電の買い換え、軽自動車の車検用など)14万円 (3)加入保険について 夫:生命保険(終身タイプ、70歳払い込み終了、死亡800万円、医療特約入院1日8000円)=年額の保険料12万円(月割1万円)※70歳解約時に440万円の清算金あり 妻:共済(医療タイプ:入院1万円、先進医療1000万円、死亡50万円)=毎月の保険料2300円 (4)自動車について 現在、2台を所有。車両費内訳は、車両保険が8000円(2台)、ガソリン代が9000円(2台)。買い換えについては5年後くらいに200万円ぐらいまでの軽自動車を予定。 (5)働き方と公的年金について(相談者コメント) 私の勤務先(社会保険加入)は、特に定年はありませんが、体力的に厳しいので60歳くらいまでと考えています。また、その間の収入額については、ほぼ変動はありません。その後はアルバイト程度の仕事を続けていきたいと思っています。 公的年金の見込み額は64歳から22万円、65歳から101万円ほどです。 (6)息子さんについて(相談者コメント) 基本的には同居の予定ですが、転居先によっては別居になる可能性もあります。

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:諸費用込みでMAX4000万円までなら買い換え可能 アドバイス2:60歳以降も年金とアルバイト収入で毎月10万円以上の貯蓄 アドバイス3:ご主人に万一のことがあった時の年金額は確認を

アドバイス1:諸費用込みでMAX4000万円までなら買い換え可能

住宅ローンの返済が終わっているようですから、長く住まわれてきたご自宅を住み替えざるを得ないのはつらいことだと思います。ご近所トラブルは、なかなか解決しにくい問題です。住み替えて、気分一新されるのもいいでしょう。 現状の資産と、少なくとも60歳までに貯められる金額から考えると、諸費用込みで4000万円までなら、大丈夫と言っていいでしょう。 現在の金融資産が貯蓄3350万円、投資350万円で合計3700万円。売却益が1000万円とすると、4700万円です。買い換えによって700万円となってしまいますが、くろまめさんが60歳まで働ければ、毎月22万円の貯蓄で年間264万円、5年で1320万円貯められますから、60歳時点では、2020万円の金融資産が残ります。 加えて、終身保険の満期解約金が440万円ありますから、合計で2460万円です。この間、車の買い換えで200万円使っても、2260万円が残ります。 まずは、上限4000万円であれば、老後を過度に心配なさることはないと思われます。もちろん買い換え費用がそれよりも少なくて済めば、老後資金に余裕がでてくるでしょう。

アドバイス2:60歳以降も年金とアルバイト収入で毎月10万円以上の貯蓄

くろまめさんが60歳で仕事を辞めると、その後は、ご主人の年金収入のみとなります。現時点でも支出はそれよりも抑えられていますし、ご主人の生命保険の保険料支払いも終わっていますから、毎月9万円は貯蓄することができます。 くろまめさんが60歳以降もアルバイトで5万円程度の収入が得られれば、その分も貯蓄として上乗せでき、毎月13万円程度の貯蓄で年間156万円。65歳までの5年間で780万円増やすことができます。65歳時点での金融資産は、約3000万円です。 65歳以降は、ご主人とくろまめさんの年金のみとなりますが、生活費が現状維持できていれば、やはり貯蓄からの取り崩しはなく、問題ないといえます。

アドバイス3:ご主人に万一のことがあった時の年金額は確認を

心配されているのは、ご主人に万一のことがあった場合だと思います。ご主人が年上でいらっしゃいますから、男女の平均寿命の差からいっても、ご不安になるのは理解できます。 くろまめさんご自身の現時点での公的年金見込み額は、年額101万円ですから、月額にすると8万4000円ほど。この範囲で支出を抑えるのは難しいでしょう。食費や水道光熱費、通信費、小遣いを一人分としても月15万円程度の支出にはなるでしょう。不足分は貯蓄から取り崩していくことになります。 固定資産税など年間でかかる費用もありますから、仮に年間100万円を貯蓄から取り崩すとすると、65歳時点の金融資産3000万円ですから、30年。くろまめさんが95歳まで大丈夫ということになります。 ただし、ご主人の年金については、遺族厚生年金の部分は、金額にもよりますが、くろまめさんご自身の年金額よりも多ければ、差額が上乗せで支払われることがあります。詳細は年金事務所などで確認していただきたいのですが、くろまめさんのみの年金額より多く受給できれば、貯蓄からの取り崩しのスピードは遅くなりますので、生涯大丈夫と言ってもいいでしょう。 最後に、息子さんが転居後も同居された場合、どのように金銭的な分担をされるかわかりませんが、いずれは息子さんが相続されることを考えると、相続時に住まいをどうするかは、これを機にお話しされておいてもいいかもしれません。最終的には、売却して高齢者施設に入居することも考えられますし、息子さんが別居された場合は、金銭的な援助が発生するのかどうかも気になります。 ご主人には話しづらいことだと思いますので、息子さんと一度じっくり話をされてみてください。

相談者「くろまめ」さんより寄せられた感想

このたびはお忙しい中アドバイスいただきありがとうございました。ずっと不安でいっぱいでしたが、具体的な住宅購入可能金額と、今までと同じ生活を続ければ私の老後は過度に心配はいらないと教えていただいたことで、肩の力が少し抜けました。 これを機会に家族と今後のことについてしっかり話し合いをし、穏やかな生活ができるようにしたいと思います。ありがとうございました。 教えてくれたのは……深野 康彦さん マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金まわり全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。 取材・文/伊藤加奈子

(文:あるじゃん 編集部)