コロナ禍だからこそ検討したい!オンラインでのスマホの購入・乗り換え手続き

©マキノ出版

大手キャリア各社とも、徐々にオンラインショップを充実させている。ahamo、povo、LINEMOのようなオンライン限定料金プランもある。コロナ禍で店頭に出向きづらいからこそ、"非接触"で端末を購入する手段を知っておこう。

購入や乗り替え手続きはオンラインも活用しよう

スマホの購入といえば、キャリアショップや家電量販店に行くのが一般的だが、大手キャリア各社とも、徐々にオンラインショップを充実させている。ahamo、povo、LINEMOのようなオンライン限定料金プランもある。コロナ禍で店頭に出向きづらいからこそ、"非接触"で端末を購入する手段を知っておこう。頭金などがかからず、ショップに比べて安くなる場合もある。

【指南】 オンラインショップで端末を購入

ドコモオンラインショップの場合
機種によってはオンライン限定カラーもある

ドコモオンラインショップには、限定カラーも用意されている。
まずは、商品のカテゴリーを選択。
端末を決めたら、カラー、購入方法、支払い回数を選択し、カートに入れる。あとは、住所などを入力していけばいい。

また、店舗と同様、アップグレードプログラムを利用できる。ドコモは「スマホおかえしプログラム」、auは「かえトクプログラム」、ソフトバンクは「トクするサポート+」という名称。キャリアごとに仕組みが微妙に異なるが、おおむね、購入から2年後に端末を返却すると、残債の半分から1/3程度が免除される点は共通している。こうしたサービスを使わず、機種変更時に中古店に下取りに出す手もあるが、いくらになるのかが読めないのは難点。中古店では、傷による減額などもある。見方を変えると、キャリアの各種プログラムは、2年後の買い取り価格がある程度保証されたサービスといえる。

【指南】 「スマホおかえしプログラム」とは?

ドコモオンラインショップの場合

36回の分割払いのうち、端末の返却で12回分が免除される仕組みのこと。事実上、価格が2/3になるというわけだ。ドコモの指定した端末が対象になる。

購入手続きは、通常のオンラインショッピングとあまり変わらないが、新規契約とMNP(契約中の携帯電話番号を変えずに、別の携帯電話会社に乗り替えること。)では、本人確認のための書類をスマホで撮影してアップロードしたりする作業が必要。MNPでは、さらに転出先で予約番号を取得しておき、転入先でその番号を入力する手間も発生する。

新規購入と乗り替えはここに注意

新規契約時には、身分証明書のアップロードが必要になる。MNPで他社から移る際には、事前に移転するキャリアの契約サービスで予約番号を発行しておこう。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/石野純也 (ジャーナリスト)