エルトン・ジョンとイヤーズ&イヤーズ、ブリット・アワードにて初のコラボ曲「It’s a sin」を発表し、サプライズ・パフォーマンスも披露

©ユニバーサル ミュージック合同会社

©JOHN MARSHALL

先日オリ―・アレクサンダーのソロ・プロジェクトとして再始動し、約2年半ぶりとなる新曲「Starstruck」を発表したイヤーズ&イヤーズ。そんなイヤーズ&イヤーズがブリット・アワード2021にエルトン・ジョンとともに出演し、初となるコラボ曲「It’s a sin」を発表。告知無しの完全サプライズとなるパフォーマンスで会場を大いに盛り上げた。

Elton John and Years & Years – It’s a Sin (BRIT Awards 2021 Performance)

両アーティスト初となるコラボ曲「It’s a sin」は、イギリスのChannel 4で2021年1月に配信開始したドラマ『It’s A Sin』のためにオリ―が発表したカバー曲の新バージョン。かねてから俳優としての顔も持つオリ―は同作品で主演も務めている。原曲は1987年にペット・ショップ・ボーイズが発表した楽曲「It’s a Sin」であり、今回の新バージョンではプロデューサーとしても参加している。

Years & Years - It's A Sin (Montage Video)

Channel4で配信中のドラマ『It’s A Sin』は、1980年代のイギリスを舞台にHIVやエイズ危機の時代を生きるゲイの男性とその友人たちの人生を描いた作品。ドラマはイギリスの公共テレビ局が運営するオンデマンド動画視聴サービス“All 4”内で今日までに1800万回を超える視聴回数を獲得し、同サービスの中で最も試聴されている大ヒット作品となったことが発表されている。

目覚ましい視聴率に加えて、本作の配信後に英国のHIV検査数が大幅にアップしたことも分かっている。ドラマ配信直後の2021年2月上旬にイギリスで行われた全国HIV検査週間では前年度の約4倍の検査数が確認されており、記録的な実績が打ち立てられた。またコラボ曲「It’s a sin」は革新的なHIV予防、教育プログラム、直接ケア、HIVと共に生きる人々へのサポートサービスを提供する非営利団体エルトン・ジョン・エイズ基金のサポートを受けている。このシングルの配信によるUniversal Music Operations Limitedの純収益(すべてのアーティストとプロデューサーの取り分を含む)の100%は、イングランドとウェールズの登録慈善団体番号1017336であるエルトン・ジョン・エイズ基金に寄付されることとなっている。

■商品情報

エルトン・ジョン、イヤーズ&イヤーズ 新曲「It’s a sin」

試聴はこちら

■エルトン・ジョン アーティスト情報

日本公式HP

海外公式HP

■イヤーズ&イヤーズ アーティスト情報

日本公式HP

海外公式HP